更年期障害との向き合い方

更年期は閉経の前後10年のことを指します。
日本人の平均閉経年数は50.5歳と言われており大体45歳から55歳までが更年期となります。

40年以上にわたり体を支え続けてくれている女性ホルモン
更年期障吾は閉経に伴い女性ホルモンがうまく分泌されなくなることで起こる障害のことです。

閉経前後は正常に女性ホルモンを分泌することができなくなり、 ホルモンバランスが崩れてしまい自律神経失調などの不調を引き起こします.

このホルモンパランスが変わる期間をゆらぎ期ともいいます。

更年期障害の主な症状について

実際に更年期障害になると、 体の異常が起きることが多いです。

体の異常について

更年期障害で代表的なのがホットフラッシュです。
ホットフラッシュは、 のぼせ·ほてり·急な発汗と、 自律神経が麻痺して起こると言われています。
しつかりとした対処をしないと、 長期間続く可能性もあるので、 大変注意が必要です。

また、 ホットフラッシュ以外にも更年期障害では、 下記の体の不調が起きやすくなっています。

顔のほてり、のぼせ・胸の痛み、動機・多汗・めまい、ふらつき・疲れやすく空が重たい、だるい・むくみ・体重の変化(急激に太る、痩せる)・頭痛・尿漏れ、頻尿・抜け毛

精神的変化について

更年期障害は、体の異常以外にも、精神的系変化も起きます。
自覚症状があれば良いのですが、自覚してない場合も多いので、ご家族の方等も注意てみてあげてください。

代表的な更年期障害の精神的変化は以下のとおりです。

・イライラする・不安になる・鬱・睡眠障害・物忘れがひどくなった

更年期障害でよく読まれている記事

更年期障害を抑える、改善するには?

更年期障害の症状を抑える、改善するにはホルモンバランスを整えることが重要となります。

ホルモンバランスの崩れから起こる更年期障害はホルモンバランスを整えることで症状を抑え改善することが可能です。

ホルモンバランスの改善方法

睡眠不足の改善

睡眠不足は体のホルモンバランスを崩す原因のひとつです。

ホルモンは睡眠中に分泌されるものであるためしっかりと睡眠をとることが大切となります。

たったこれだけ?と思われがちですが、睡眠不足を解消しただけで、更年期障害が和らいだという方は少なくありません。

体外からホルモンバランスを整える食品などを取り入れる

食生活の改善、またサプリメントなどで体外からホルモンバランスを整える食品(大豆など)やビタミン(エクオール)を摂取することで体調を整えます。

体内で生産できなくなり体内のホルモンバランスが崩れている場合でも体外から摂取し整えることが可能なため有効です。

運動不足の解消

適度な運動は自律神経を活発にさせてホルモンバランスを整える効果があります。
運動不足と感じている方は運動することで改善が見込めます。

サプリメントでホルモンバランスを整える

手軽にホルモンバランスを整えたいという方におすすめなのがサプリメントです。
サプリメントなら1日数回摂取するだけで更年期障害を改善することができます。

エクオール

大豆イソフラボンから生成されるエクオールは女性ホルモンと似た働きを行いホルモンバランスの改善が見込めます。

エクオールですが日本人の約半数はイソフラボンからエクオールを生成することができません。

しかし、サプリメントであれば直接エクオールを簡単に摂取することができるため更年期障害の改善が見込めます。

  • 天然素材で安心
  • ホルモンの分泌を促すサポニンを多く含有している

白井田七

ホルモン分泌を促すサポニンや大豆製品などの栄養素やビタミンを簡単に摂取可能です。

この効果により足りなくなったホルモンを補うことでホルモンバランスを整えます。

貴重な田七人参の自然素材サプリメントとなっておりホルモンの分泌を促すサポニンを多く含有しています。
田七人参は高麗人蔘の約7倍ものサポニンを含有しています。

  • 半数以上の日本人が生成できないエクオールがサプリメントのおかげで直接摂取することができる。
  • 摂取したエクオールは女性ホルモンと似た作用でホルモンバランスを整えることができる

月経不順は必ず更年期障害ではありません

更年期に入ると確かに月経不順や体調不良となります。
しかし更年期障害だから大丈夫と簡単に片付けてしまっては非常に危険です。

更年期障害での月経不順では不正出血が増えます。この不正出血は更年期障害の月経不順の可能性はありますが皮下の病気の疑いもあります。

不正出血で疑われる病気

  • ・更年期障害
  • ・子宮頸がん
  • ・子宮体がん
  • ・膣の炎症
月経不順、不正出欠は上記の病気でも起こりうる症状となっています。
このような症状が起こった場合でも一概に更年期障害と決めつけず他の病気を疑ってみても良いかもしれません。

月経不順の時に行いたい検査

  • ・甲状腺の検査(甲状腺から分泌されるホルモンの検査)
  • ・女性ホルモンの検査(血液検査でホルモンの量を量る検査)
自分が何の病気にかかっているのか、それとも更年期障害なのか、しっかりと病院でみてもらうことをおすすめします。