1日で終わる生理は更年期のサインかも

生理が1日で終わるのはどんなとき?

生理が1日で終わるのはどんなとき?生理は女性の健康を見る上でのバロメーターともいえる存在です。

生理周期および生理期間の長さには個人差がありますが、25~38日周期で、一回の生理につき3~7日間の生理期間であれば正常といえます。

しかし生理が1日で終わってしまうなど極端に生理期間が短いとなると問題です。

生理期間が短くなるということは、それだけ月経にともなう出血の量が減っているということを意味しています。

この出血が異常に少ない状態を過少月経と呼びます。

過少月経の原因として、不正出血や無排卵月経、極度のストレス、および甲状腺の病気などがあげられます。

更年期と過少月経

更年期と過少月経しかし40代に入ってくると、婦人科系や甲状腺に病気がないようなときでも過少月経が起きやすくなります。

これは加齢に伴い、身体が閉経の準備を始めているサインです。身体に異状がないのに、急に生理の間隔が長く開いたり、量が減ったりするようなことがあったら、それは更年期が近づいているせいかもしれません。

過少月経などの月経トラブルが続いていて、なおかつある程度の年齢に達しているならば、一度婦人科の病院にかかってみるのもよいでしょう。

ホルモン値の検査によって閉経が近いかどうかを判断できますし、子宮や卵巣の疾患がもとで月経トラブルが起きていたときにも対処できます。

そして検査などの結果、もし閉経が近いことが分かったら、更年期に向けて準備を行う時期がやってきたということです。

閉経前後の更年期は、女性ホルモンの減少にともない身体の中が大きく変わる時期です。

体調不良に陥らないためにも早めの対策をはじめることが大切になってきます。食事やサプリメントでイソフラボンやエクオールといった植物性エストロゲンを補充することや、思い切って医師に相談してみるのもオススメです。

すでに更年期障害の症状が表れはじめていたら、治療によって症状を和らげることができます。

なお、エクオールと言うサプリでも症状を軽くすることは可能です。
テレビ(世界一受けたい授業)でも紹介されている為一度試してみる価値はあります。

まだ30代だったら要注意

まだ30代だったら要注意40代以降の更年期に起きる過少月経は、身体にとってある意味正常な反応といえます。

しかし30代で起きてしまったら問題です。病気の兆候かもしれないというだけでなく、早発閉経が起きつつある可能性があるからです。

特に初潮年齢が早かった人や、もともと生理不順だったような人は心配です。これらに該当している場合には、早めの婦人科受診が今後の自分を守ることにつながります。

早く閉経が起こってしまうと骨がもろくなるなど健康面でも問題が出やすくなり、早急な治療が必要になるからです。

年代別に見る更年期障害