更年期はいつから?50代女性の症状と対処法

更年期障害はいつから始まる?症状は?

更年期障害はいつから始まる?症状は?

閉経前後に起こる更年期障害。日本人女性の閉経時期は50歳前後が多いため、50歳の前後10年間に渡る期間が更年期とされています。

更年期障害の症状は様々で、その重さもほとんど気にならないという人から日常生活を送るのに不便さを感じるという人までいます。

初期の代表的な症状としては、ほてり、のぼせ、脈が早まる、疲れやすい、むくみ、イライラや孤独感、などがあります。

中期から後期にかけての期間では肩こりや腰痛、尿漏れ、頻尿、肌の老化、女性ホルモンの低下によって起こる高血圧などが起こります。

初期では一見して風邪や疲れからくる体調不良と間違えやすいため、自分では気づきにくい場合が多いです。

更年期障害を認める

更年期障害を認める更年期障害の症状は一過性のものであることが多いため軽く見られがちですが、体調や精神が安定しにくいという事は人間にとって大きなストレスとなります。

症状が軽い場合でも、違和感があったら婦人科を受診する事をおすすめします。また、加齢によって起こる更年期障害自体を認めたくないという気持ちを持つ人も多く、症状を我慢してしまう人も多いようです。

近年では更年期障害に対する情報が増え、更年期外来がある病院も増えてきていますが、更年期を認める事は女性にとって加齢と向き合う事になります。

自分が更年期障害だと認めるまでに、戸惑い悩んでしまう期間が長くなってしまう方も多いですが、症状の改善のためには早めに病院を受診するようにしましょう。

更年期障害の症状を乗り切るためには

更年期障害の症状を乗り切るためには更年期障害は閉経によってホルモンバランスが乱れ、エストロゲンという女性ホルモンが減少するために起こります。病院での治療は様々ですが、一般的に治療は対処療法となります。

気持ちが苛立ってしまう時には精神安定剤を処方する、落ち込んでしまう時には抗うつ剤を処方するなど、症状に対してそれを緩和する療法です。

あまり薬の力に頼りたくないという人には、食生活やサプリメントで症状を緩和する方法もあります。

イライラの症状を抑えるカルシウムや、エストロゲンと同じような働きをしてくれる大豆イソフラボンを食生活に多く摂り入れる事で、薬に頼らずに症状を改善できる事があります。

しかし、50代女性の忙しい毎日の中で、更年期の症状に合わせた食事を作るのは難しい場合も多いため、その場合サプリメントで摂取する事が手軽です。更年期障害に効果があるサプリメントとしては、馬や豚由来のプラセンタが人気となっています。

年代別に見る更年期障害