更年期障害の治療方法は

更年期障害の症状が重いときは

更年期障害の症状が重いときは

更年期障害は30代からでも発症する可能性があります。

時には日常生活に支障がでたり、仕事にも影響したりしてしまうほど重い症状に悩まされる人もいます。

そういった人は専門的な治療を受けることも検討しなければいけないでしょう。

一般的な治療方法としてホルモン補充療法があります。

この治療は保険が適用されますので費用の面で心配がある人も安心して治療に専念することができます。

更年期の症状を緩和するために、エストロゲンを補充し、辛い症状を改善します。

特に突然発汗して汗が止まらなくなったり、のぼせやすくなったりする更年期障害特有の症状や、動悸や自律神経の乱れに一定の効果が期待できます。

また、骨粗しょう症の予防をすることもできます。

更年期障害の治療方法は他にも色々あります

更年期障害の治療方法は他にも色々ありますホルモン補充療法の他にも、更年期障害を改善するための治療方法がいくつかあります。

もし、自分に合った治療法を探しているのであれば、病院で相談してみるとよいでしょう。

人によっては自律神経が乱れていつもイライラしてしまう、気分の浮き沈みが激しくて感情のコントロールが難しいというのが最大の悩みになっていることもあるかもしれません。

そのような場合には抗うつ薬や抗不安薬を処方されることもあります。

更年期障害の影響でうつのような症状が現れることもありますので、カウンセリングなどを並行して行うこともあります。

さらに、ホルモン補充療法の薬は副作用があり、体質的にエストロゲンの投薬治療ができない人もいます。そんな時には漢方薬などで症状の改善をすることが可能です。

このように様々な治療方法がありますので、焦らず自分にとって心地良い治療方法を選択しましょう。

エストロゲンの減少をまずは止めることから

エストロゲンの減少をまずは止めることから更年期障害の症状が重くなる前に、できれば病院に通院することなく早めに予防できればそれにこしたことはないでしょう。

更年期障害が始まる原因のひとつに、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンという成分が減少することがあげられます。

自分でできることといえば、足りない成分を体に補ってあげることではないでしょうか。エストロゲンは残念ながら自分の体で作りだすことが出来る人、難しい人がいるのですが、エストロゲンと同じような働きをしてくれるエクオールという成分が注目されています。

このエクオールが配合されたサプリメントも販売されていますので、試してみることもひとつの方法ではないでしょうか。

更年期障害の自覚はまだなかったとしても、PMSのような不快な症状の緩和にも効果があります。

年代別に見る更年期障害