更年期には大豆に含まれるイソフラボンを多く摂ろう

更年期障害の諸症状を緩和させるためには

更年期障害の諸症状を緩和させるためには個人によっては症状がかなり重く出る更年期障害に何か対策があれば、ぜひともやってみたいと思っている人は多いはずです。

体が急に変化する更年期には、生活習慣の改善や有酸素運動が効果的ですが、とりわけ食生活の改善が女性の更年期には効果を発揮します。

女性ホルモンの減少によって引き起こされる様々な体調の変化を伴う更年期障害は、女性ホルモンと同じような働きをする物質を積極的に摂ることによって症状の改善が期待できます。

イソフラボンという物質が女性ホルモンと似た働きをする代表的な物質ですが、日本に住む私たちはとても幸運で、普段の食生活の中にイソフラボンを多く含む大豆を使った食品がたくさんあります。

大豆製品をできるだけ摂取するようにすれば、更年期に起こる体調の変化を緩やかにしてくれるでしょう。

イソフラボンが多く含まれる大豆製品とは

イソフラボンが多く含まれる大豆製品とは納豆やとうふ、しょうゆ、みそは普段から何気なく摂取している大豆製品の代表例ですが、その他にも、油揚げ、きなこ、豆乳など様々な食品に大豆イソフラボンは含まれています。

大豆の場合、食材である大豆から何か食事を作る以外にも、既に出来上がっている食品を買って料理に使用できるので大変便利です。

お惣菜コーナーには大豆を使った出来合いの製品が多くあるので、行きつけのスーパーなどでチェックしてみてください。

一方、食材をそのまま料理せずに食べられる手軽さも大豆製品の魅力です。とうふの場合はとうふを買ってしょうゆをかけて食べるだけで簡単に多くの大豆イソフラボンを摂ることができます。

更年期障害の1つに体のだるさや無気力が含まれますが、食事を作りたくないと感じた場合でも手軽に摂取できるのはうれしいですよね。

効率的に摂取したいならサプリメントを利用しよう

効率的に摂取したいならサプリメントを利用しよう大豆でできた食品が好きではなかったり、仕事が忙しくてなかなか大豆製品を摂取できなかったりする場合は、サプリメントで代用できます。

大豆イソフラボン専用のサプリメントがさまざまな会社で売っているので、好みに応じて自分の好きなものを選びましょう。

サプリメントを選ぶ際には、遺伝子組換えの大豆を使用しているかどうか、イソフラボンだけではなくコラーゲンや各種ビタミンなどが含まれているかどうかなどが一つの目安になるでしょう。

また、一日に何回、何錠取らなければならないかも、忙しい女性にはチェックしておきたい項目です。

年代別に見る更年期障害