更年期ドライアイの原因とセルフケア

更年期とドライアイの関係

更年期とドライアイの関係更年期になると女性ホルモンが減少し、お肌をはじめとして体全体が乾燥しやすくなります。そのため更年期を迎えると、ドライアイになる方が多いのです。

目の表面は、涙によって潤うことで保護されています。しかし更年期を迎え、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってくると、涙の量も減って目の潤いが不足してきます。

特に最近では、パソコンやスマートフォンで目を酷使している人も多いため、ドライアイに拍車がかかっています。

どうして更年期ドライアイになるの?

どうして更年期ドライアイになるの?目は、涙腺から分泌されている涙に覆われています。涙は目を保護するだけでなく、角膜などに酸素や栄養を届け、さらにゴミや老廃物を洗い流す役割をしています。

涙は少しずつ蒸発してしまうため、涙の補給が間に合わないと、目の表面が乾いてドライアイになってしまうのです。ドライアイになると、眼球の表面が乾燥して傷がつきやすくなります。

ドライアイがすすむと、疲れやすくなったり、痛みやまぶしさを感じたりすることもあります。

更年期はちょうど老眼になり始める時期と重なるため、視力が低下して、物が見えづらくなることもあるでしょう。物が見えにくいという症状や、痛みや違和感の症状がでたら、緑内障などほかの目の病気の可能性もありますので、早めに眼科医に相談することが大切です。

更年期ドライアイのセルフケア

更年期ドライアイのセルフケア

目の潤いを保つ

仕事でパソコンの画面に向かって集中していると、どうしてもまばたきが減ってしまい、目の表面が乾きやすくなります。意識してまばたきの回数を増やして、目が潤っている状態にしましょう。

また、人工涙液の目薬をさすことで、目の潤いを補うこともできます。加湿器を用いてお部屋の湿度を上げることも、ドライアイ防止に効果があります。

食事でケア

目のビタミンとも言われるビタミンAは、角膜や網膜の細胞を活性化させます。レバーやうなぎ・ほうれん草・ブロッコリーなどはビタミンAを豊富に含みます。

またビタミンB1とビタミンB12には、視神経の働きを高めてくれる力があります。豚肉やうなぎ・さば・いわしなどに多く含まれますので、ビタミンAを多く含む食材とともに、毎日の食事に取り入れましょう。

サプリメントでケア

最近では、ドライアイ対策のサプリメントや更年期の女性のためのサプリメントも人気です。サプリメントなら、目に良い成分や減ってきた女性ホルモンを補う成分を手軽に摂ることができますので、おすすめです。

年代別に見る更年期障害