更年期とエストロゲンの関係について

更年期に起こる女性の身体の変化とは

更年期に起こる女性の身体の変化とは

閉経前後の時期にあたる40~50代の女性の身体には、ある大きな変化が起こっています。

それは女性ホルモンであるエストロゲンの急激な減少です。

エストロゲンは、妊娠に備えて子宮内膜を厚くする、卵胞の成熟や排卵などをうながすほかに、女性らしい身体つきを作るために必要なホルモンです。

このエストロゲンの減少によって、生理が遅れがちになるなどさまざまな症状が起こっていきます。

エストロゲンと更年期障害

エストロゲンと更年期障害なかでも厄介なのが自律神経への影響です。

エストロゲンは自律神経や脳の働きの安定にも寄与しているため、その減少が自律神経の失調などにつながることがあります。

それがいわゆる更年期障害です。

更年期障害は男性にも見られますが、エストロゲンが急激に減ってしまう女性の場合には、特に影響が出やすいのです。

エストロゲンを補うために心がけたいこと

エストロゲンを補うために心がけたいこと更年期障害を改善するためには、エストロゲンが減少する更年期にエストロゲンを補うのが有効です。

実際、婦人科における更年期障害の治療についてはエストロゲン剤などによるホルモン治療を行います。

家庭でできることとしては、日々の食事内容に気をつけるほか、サプリメントの使用が効果的です。

まず食事についてですが、植物性の食品の中には植物性エストロゲンといって、体内に入るとエストロゲン様の働きをする物質が含まれているものがあります。

代表的なものとしては、大豆イソフラボンを含む豆腐や納豆などの大豆製品などがあげられます。

またミネラルの1つであるボロンにはエストロゲンの分泌を活発にする作用があります。

キャベツや海藻類などに多く含まれています。

加えてビタミンEを多く含む食品には坑酸化作用やホルモンのバランスを整える作用があり、卵巣を老化から守ります。

アーモンドやごま、かぼちゃ、オリーブオイルなどに含まれます。ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、油がないと吸収率が悪くなります。

かぼちゃなど脂質が少ない食材を調理する際には油を使うことが重要です。脂質は女性ホルモンの材料にもなりますので摂取を控えすぎるのも問題です。

加熱調理には加熱に強いオリーブオイルなどが、生食するときには抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸を含む亜麻仁油などがおすすめです。

食生活改善のほか、適時サプリメントを使用して足りない栄養素などを補っていきましょう。イソフラボンやマルチビタミンなど、各個人のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

年代別に見る更年期障害