エストロゲンの低下をエクオールで補って更年期に備える

エストロゲンとは

エストロゲンとはエストロゲンは主に子宮の働きを司る女性ホルモンで、生理とも深い関わりがあります。また、更年期の症状を引き起こす原因が、このエストロゲンという女性ホルモンだと言われています。

エストロゲンは年齢と共に減少していくため、閉経を迎える時期になると、卵巣の機能が低下し、更年期特有の様々な体の不調が表れてくるのです。

そして、このホルモンは自分の体で新たに作り出すことができませんので、一旦減少が始まってしまうと外部からなんらかの形で同じような成分を補う必要があります。

エクオールの働きは

エクオールの働きはエクオールという成分は、ホルモンバランスを整える働きをしてくれます。そのため、エストロゲンが減少することにより起こる、更年期特有の様々な不快な症状の緩和に効果を発揮するといわれています。

この成分を効率良く摂取するには、様々な方法がありますが、大豆イソフラボンを摂取することが最も一般的に知られています。

体内に吸収された大豆イソフラボンは腸内でエクオールに変化します。このエクオールは、体内でエストロゲンと同じような働きをする成分であるため、体内に補うことができれば、更年期の症状を緩和できるのです。

ただし、大豆イソフラボンを摂取し続けたとしても、全ての人が腸内でエクオールを作り出すことができるわけではありません。

原因ははっきりしていませんが、日本人では2人のうち1人しかエクオールを作りだせないのです。

エクオールが作れるかは検査で分かる

エクオールが作れるかは検査で分かる2人のうち1人しかエクオールを作り出せないのであれば、自分は果たして作りだすことができるのかどうか気になるところです。

実は簡単な検査で分かるため、検査をしてみてもよいかもしれません。

産婦人科などで実施されているので、問い合わせしてみましょう。尿中エクオール検査と呼ばれており、尿の検査で結果を知ることができます。エクオールが作れる体質であることが分かれば、大豆イソフラボンを多く含む食品などを積極的に摂取すれば、更年期の辛い症状が緩和される可能性があります。

ただし、エクオールが作れる体質であったとしても、腸に含まれるエクオールを作る菌が少なすぎると効果が少ない場合もありますので注意しましょう。

では、エクオールが自分では作れない人はどうしたらよいのでしょう。現在はエクオール成分が含まれたサプリメントも販売されていますので、サプリメントの摂取を試してみる価値はあるでしょう。

年代別に見る更年期障害