食事でエストロゲン補給、更年期を楽に乗り切るために

更年期対策に、エストロゲン補給を

更年期対策に、エストロゲン補給を女性ホルモンは妊娠・出産のメカニズムに関係するなど女性にとって大切な役割を果たしています。

しかし女性ホルモンの働きはそれだけではありません。なかでもエストロゲンは肌を美しく保ったり、自律神経を安定させたりするなど、女性の美容と健康に大きく寄与しています。

このエストロゲンが更年期を境に急激に分泌量が減ってしまうことは、更年期障害による体調不良の原因になります。

性ホルモンは生殖機能と関係しているので、閉経をひとつのめどとして減少してしまうのは仕方のないことです。

しかし、その減少のスピードをゆるめることはできます。

身体の中で作れないなら外から補ってやればよいのです。そうすることでホルモンの変化を穏やかなものにすることができ、結果として心身の不調の改善につなげることができます。

この発想のもとで、更年期障害の治療として行われているのが婦人科におけるホルモン補充療法です。

しかしエストロゲンはホルモン剤だけではなく、身近なものからも補給することができます。

それは和食で伝統的に使われてきた食材です。和食の良さが最近見直されてきていますが、和の食材には女性にとって素敵な効果がたくさん詰まっています。

更年期を乗り切るためにも、もう一度日々の食事を見直してみませんか。

大豆製品は女性の味方

大豆製品は女性の味方エストロゲンが不足している女性にとっての救世主が大豆製品です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは植物性エストロゲンとよばれる化学物質で、体内に入るとエストロゲンのような作用をすることで知られています。

つまり、イソフラボンは少なくなってしまったエストロゲンの代わりとして働いてくれるのです。幸い日本人は古くから大豆を利用してきており、大豆を使った伝統食品には事欠きません。

また大豆製品が苦手な方にはサプリメントもあります。

ただしイソフラボンには過剰摂取により健康被害が起こる危険性も指摘されています。摂取にあたっては上限1日70〜75mgという厚生労働省の見解をひとつの目安にするとよいでしょう。

やっぱり胡麻はすごかった

やっぱり胡麻はすごかった薬膳の世界で昔からアンチエイジング効果があるとされてきた食材が黒胡麻です。

この黒胡麻に含まれるセサミンは高い抗酸化作用があるだけでなく、植物性エストロゲンとして作用することが分かっています。

さらにエストロゲンの分泌を助けるビタミンEも豊富に含まれています。まさに更年期の女性には最適な食材といえるでしょう。先人の知恵は偉大です。

ちなみに胡麻は殻が固いので、栄養の吸収率を上げるためにもすり胡麻や練り胡麻にして食べるのがおすすめです。

年代別に見る更年期障害