「ご飯作りたくない」は更年期の特徴

更年期には倦怠感を伴う

更年期には倦怠感を伴う人によって発生する時期も期間も症状も異なる更年期障害ですが、生活に影響を与えるレベルの倦怠感に陥ることがあります。

洗濯やご飯支度などの家事をしたくなくなったり、子供の世話を辛く感じたりすることが例に挙げられます。

その中でも「ご飯を作りたくない」という倦怠感には2つの意味があります。

1つは更年期の特徴的な症状である倦怠感が引き金となるものですが、2つ目は食材から発生する臭いなどで具合が悪くなってしまい、食事の支度をしなければならないのにできないというジレンマに襲われることです。

倦怠感による「ご飯作りたくない」を解決する方法

倦怠感による「ご飯作りたくない」を解決する方法更年期障害の1つに、何かをするのが億劫になってしまう状態がありますが、炊事は毎日行わなければならないのでその苦痛度は高いかもしれません。

献立を考え買い出しに行き、調理をして後片付けをする一連の流れが炊事なので、これを1日に何回か行わなければならないのは確かに大変です。

解決策としては無理に自分で毎日のメニューを考えず、料理本やインターネットなどに載っている簡単でおいしそうなメニューを参考にしましょう。

週に1、2回の買い物で済むように計画を立てられれば、炊事に割く時間を大きく減らせます。

また、出来合いのお惣菜を1品か2品つけると見た目にも豪勢になりますし、調理の手間も省けます。

後片付けもご飯作りたくない状態に拍車をかける原因になりますが、こちらは思い切って食洗機を買ってみると解決策になるかもしれません。

手洗いより水の使用量が少なくエコな商品も多くあるので、将来的に考えても魅力があります。

ご飯を作りたくないという倦怠感が取れない場合は、更年期障害をやわらげてくれるエクオールというサプリがおすすめです。

食材が原因の場合には解決手段はあるの?

食材が原因の場合には解決手段はあるの?食材を見るだけで料理をする気を失ったり、スーパーに行って食べ物を見るだけで具合が悪くなったりと、更年期障害の症状によっては自炊が困難になるケースもあるでしょう。

そのような場合は無理に自分を犠牲にせずに、短期間だけでも宅配弁当を頼んだり、家族に食事の支度を代わってもらったりした方がいいです。更年期障害は一過性の体の変化ですが、体にかかるストレスの負担は大きく、そこで無理をしてしまうと後々心身ともにバランスが崩れてしまうこともあります。

自分と家族の将来のためにも、きちんと家族と話し合って自分の症状を伝えていくことがとても大切になります。また、子供のためなら少しは料理ができるなどの場合は、自分が今できることから少しずつ慣らしていくといいでしょう。

旦那さんの理解が必要

更年期障害の場合、男性には辛さが伝わりません。
ご飯を作らないのは男性からとって嫌がらせと勘違いされてしまうかもしれません。

キチンと自分の状況を旦那さんに話して理解してもらうのも重要です。

↓↓テレビでも紹介されました!今人気のサプリメント!

年代別に見る更年期障害