更年期、早い人と遅い人って一体何が原因!?

20代~30代で閉経する「早発閉経」

20代~30代で閉経する「早発閉経」閉経前後10年間が更年期と言われていますが、閉経の時期にはかなり個人差が見られます。

平均的に50才前後で閉経する人が多く、40才未満で閉経する場合は「早発閉経」と呼ばれます

20代~30代で閉経を迎える人も増えて来ています。

早発閉経の症状は、だんだん月経の回数が減って自然に終わります。閉経後は、女性ホルモンの分泌が減少するので、年齢的に若くても体調や精神面に更年期障害の症状が現れてしまいます。

また、体の中身が実年齢よりも老化しているため、骨祖しょう症や脳梗塞の危険性も高まります。

早発閉経の原因は、甲状腺機能低下症などの自己免疫性疾患、染色体異常などの遺伝性疾患、卵巣嚢腫の手術、抗がん剤治療や放射線治療の影響などがありますが、原因不明である事が多いです。

更年期ではないのに症状が現れる「若年性更年期障害」

更年期ではないのに症状が現れる「若年性更年期障害」一方、閉経したわけではないのに若いうちから更年期障害の症状に悩まされる人も増加傾向にあります。

この症状を「若年性更年期障害」と呼びます。耳にしたこともあるのではないでしょうか。

本当の「更年期障害」と「若年性更年期障害」には違いがあります。「更年期障害」は、女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因で起こりますが、「若年性更年期障害」は別の原因で起こります。

ひとつめの原因はストレスが多く、不規則な生活を続けているうちに自立神経が乱れ、生理不順となっているケースです。もうひとつは、「月経前症候群」いわゆる「PMS」で、排卵から月経前にかけてイライラしたり憂うつになったり、更年期障害と同じような症状が現れるケースです。

「若年性更年期障害」は実際の「更年期」ではないため、閉経を迎える前後に改めて「更年期」を迎えることになります。

55才を過ぎてやっと閉経する「遅発閉経」

55才を過ぎてやっと閉経する「遅発閉経」閉経が早い人がいる一方、平均よりかなり遅い人もいます。55才以降に閉経する場合を「遅発閉経」と呼び、中には60才近くになってようやく閉経するケースもあります。

閉経が早いと更年期障害の症状が強く出ますが、遅ければ遅いほどいいというものでもありません。

子宮筋腫が原因となって経血量が増え、女性ホルモンの分泌量も多いままで閉経に至らないケースがあるからです。

「遅発閉経」は、子宮体がんや乳がんになる危険性も高いと言われています。閉経が遅い場合は、定期的にクリニックを受診することが大切でしょう。

閉経は、正常な範囲内であれば、できるだけ遅い方がそれだけ長く女性ホルモンの恩恵を受けることができます。閉経を遅らせるには「血行を良くすること」が効果的です。

血行が良くなると、卵子や卵巣の老化防止につながります。適度な運動とバランスの良い食事を心がけ、体を冷やさないよう気をつけることが重要です。

年代別に見る更年期障害