更年期障害がつらいときは、婦人科で検診を!

婦人科の検査で、更年期の不調をチェック!

婦人科の検査で、更年期の不調をチェック!

生理不順や体がほてりやすいなど、更年期特有の不調を感じている方は、我慢せず病院に行くことをオススメします。

更年期の症状は個人差があり、症状が出ない人もいれば、様々な症状が出る人もいます。

いずれは、みんなが通る道。更年期だからと言って我慢している人もいるかもしれませんが、更年期障害かと思ったら、別の病気が隠れていたということも少なくありません。

不調を感じたら健康診断もかねて、病院で検査を受けたほうがいいですね。

更年期の症状は様々で、めまい、肩こり、関節痛など、どの科を受診していいか迷ってしまうかもしれませんが、更年期が疑わしい場合には「婦人科」や「女性外来」に足を運びましょう。

婦人科で検査を受けてみよう!

更年期障害と診断がついたら?初めて診察を受ける場合は、事前に病院に電話して初診の時間や予約について確認しておきましょう。

そして、自覚している更年期障害の症状、最終月経日や月経周期などの月経の記録、自分の病歴や家族歴、服用中の薬などについて、あらかじめメモをして、診察日に持参するといいでしょう。

メモがあれば、問診票の記入時や、医師から質問があってもスムーズに答えることができます。

婦人科では、検診に始まり、更年期障害に伴う不調、婦人科特有の疾患まで、女性をトータルに診察していきます。

更年期障害が疑われる場合の診療内容としては、問診、女性ホルモンの濃度を調べるための血液検査、卵巣の状態を確認するための超音波検査、ほかの病気の有無を調べる内診が行われます。

そして、それらの検査結果から、更年期障害の可能性があると診断されると、症状にあった治療や生活指導などが行われます。

更年期障害と診断がついたら?

婦人科で検査を受けてみよう!更年期障害の可能性があると診断されたら、次は治療に進みます。

更年期障害の治療法は、主にホルモン補充療法や漢方薬などの薬物療法と、カウンセリングを中心とした精神療法です。

注射や飲み薬を使ってエストロゲンやプロゲステロンを補い、うつや不安などの精神神経症状がみられる場合には、抗うつ薬とカウンセリングを併用しながら、ストレスや不安を取り除いていきます。

最近では、手軽に摂取できる、更年期障害に有効なサプリメントを活用する病院も増えてきました。

ホルモン補充療法にくらべ、サプリメントは緩やかに女性ホルモンのバランスや、自律神経の働きを整えてくれます。

更年期は我慢せず、医師に相談しながら、自分に合った治療法を見つけて、改善していきましょう。

年代別に見る更年期障害