更年期の不正出血の原因とその対処法

更年期の不正出血はどうして起きるの?

更年期の不正出血はどうして起きるの?

女性は40代になると、ホルモンのバランスがくずれて体調に様々な変化が現れてきます。不正出血もその一つです。不正出血とは、生理の時以外に出血することを言います。

更年期は閉経期までの準備期間です。だんだんと女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が少なくなってきます。するとホルモンバランスがくずれてしまい、子宮内膜が生理前に剥がれ落ちて、出血してしまうのです。

若い時に不正出血を経験したことがない方でも、更年期になると不正出血をすることもあります。急な不正出血で驚かれる方も多いのですが、更年期には多くの女性が経験します。また、閉経していたつもりなのに、出血するようなこともあります。

不正出血自体は誰にでも起きることなので、それほど心配する必要はありませんが、回数が多かったり、不正出血の期間が長かったり、腰の痛みを伴う場合は、子宮筋腫や子宮ガンなど子宮の病気の可能性も考えられますので、早めに婦人科の医師に相談しましょう。

不正出血?それとも生理周期の乱れ?

不正出血?それとも生理周期の乱れ?更年期になると生理周期が乱れてくるので、不正出血なのか、それともただの生理周期の乱れなのかを見分けるのが難しくなります。

生理が終わって数日しか経っていないのに出血があった場合などは、不正出血を疑ってよいでしょう。

不正出血は、量が少ない場合もあります。おりものに血が混じっている場合や茶色いおりものの場合も不正出血が疑われます。

更年期の不正出血の対処法とは?

更年期の不正出血の対処法とは?不正出血の処置も普通の生理と変わりません。

ただし、不正出血はいつ来るのかわかりません。急な不正出血に対応するためにも、普段からナプキンを持ち歩くことをおすすめします。出血量が多い方は、ショーツタイプのナプキンがおすすめです。

ストレスも更年期の不正出血につながる原因の一つと言われています。

更年期になるとどうしてもイライラしたり、気分が落ち込んだりします。しかし更年期は女性のライフサイクルの一場面です。更年期だからといってあまり神経質にならずに、散歩や軽い運動で体調を整え、リラックスして生活しましょう。

また、毎日の食生活に気をつけることで不正出血の予防や対策につながります。

大豆に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをします。ですから、納豆や豆腐、豆乳、きな粉などを積極的に摂り入れるといいでしょう。

最近では、更年期の方向けのサプリメントで、必要な栄養分を効率的に摂り入れることもできます。

年代別に見る更年期障害