若年性更年期障害について

☆若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは

女性の場合、更年期障害は閉経の前後、40代以上で症状が現れることが一般的です。更年期障害の原因は閉経の準備に伴って女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少してしまうことです。

それによって自律神経の働きに異常をきたし、さまざまな症状がおこります。

ところが20代、30代という女性ホルモンの分泌がもっとも盛んなはずの若い世代でも更年期障害のような症状が出ることがあります

この年代ではエストロゲンが不足するということは通常考えられません。しかし他の理由で女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、自律神経に不調を起こしてしまうのです。

そのため若い年代におこるこれらの更年期障害のような症状のことを、通常の更年期障害と区別して、若年性更年期障害と呼んでいます。

若年性更年期障害の原因

若年性更年期障害の原因若年性更年期障害といわれているものの正体は、卵巣の機能不全や月経前症候群です。

ストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れ、めまいやホットフラッシュ、うつ状態、生理周期の異常などの症状が発生します。月経前症候群の場合は、特に体内のホルモンバランスが大きく変化する月経の直前期に不調が集中して発生します。

また女性の卵巣はデリケートな臓器で、ちょっとしたストレスでもホルモンの分泌が乱れがちです。無理なダイエットや極度の緊張など何らかのきっかけで機能不全に陥ってしまうことがあるのです。

若年性更年期障害になってしまったら

若年性更年期障害になってしまったら若年性更年期障害を疑いたくなるような症状が出てきたら、まずは婦人科の病院に行くことを検討しましょう。

若年性更年期障害のなかには、ストレスによる卵巣の機能不全だけでなく、もっと深刻な事態である早発閉経が隠れていることがあります。特に若年性更年期障害の症状に加えて、3ヶ月以上生理がきていないようなケースでは早めに対応しないと手遅れになりかねません。

無月経を放置して早発閉経まで進んでしまうと、更年期障害のほか、妊娠や出産ができなくなったり、骨粗しょう症などの病気の原因になったりします。

万が一早発閉経と診断されたときには女性ホルモンの補充療法が早急に必要です。また、検査の上で早発閉経ではなく、ストレスなどによる卵巣の機能不全や月経前症候群と診断された場合には、ピルなどの処方によって症状を改善することができます。

それに加えて適度な運動を取り入れることや、ビタミンやミネラル、イソフラボンなどのサプリによって栄養状態を整えるなどの生活改善を行なうとよりよい経過が望めます。

年代別に見る更年期障害