更年期障害で悩まずに、快適な50代を過ごすためには?

更年期障害は50代前から要注意!

更年期障害は50代前から要注意!

女性の50代と言えば更年期障害がとても気になる年代ですね。

更年期障害の始まりは人によって多少の差はありますが、卵巣の機能が衰え始め女性ホルモンであるエストロゲンが減少する40代半ばごろから始まります。

ですから、40代になったらそろそろ更年期対策についての知識を増やし、少しでも快適な50代を過ごせるようにしましょう。

更年期になると卵巣からのエストロゲンの分泌量が減るので、脳は卵胞刺激ホルモンを増加させて卵巣にさらにエストロゲンを分泌するようにと指示します。

しかし、その卵巣刺激ホルモンの増加に対し、必要な量のエストロゲンが分泌できないため、次第にホルモンのバランスが乱れてきます。

このホルモンバランスが乱れた状態が続くと、やがて体になんらかの不調が出てきます。

これが更年期障害の始まりです。更年期障害の主な症状は、体のほてり(ホットフラッシュ)やのぼせ、多汗(スウェッティング)、頭痛、めまいなどで、このうちどの症状が強く出るかは人それぞれです。

また、複数の症状が同時に表れる人もいます。

50代の更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れだけではない?

50代の更年期障害の原因はホルモンバランスの乱れだけではない?
更年期障害の原因は、ホルモンバランスの乱れだけが原因とは言えません。

50代にもなると、若い時とは違う様々な問題を抱えるようになり、親の介護や子供の独立、夫の定年退職など、日常生活に大きな変化をもたらす問題が発生します。

このような日常のストレスなどもホルモンバランスの乱れに繋がり、更年期障害の原因となります。

更年期障害が発生する年齢や感じ方は人それぞれで、早い人は30代から発症し、多くの人は50代でピークを迎えます。

まずは普段から規則正しい食生活や生活リズムを心掛け、ストレスなどでホルモンバランスを崩さないような日常を送るようにしましょう。

更年期障害の症状は他にもイライラや倦怠感、疲労感、肥満、月経不順、冷え、むくみ、抜け毛、頻尿など、一見、更年期障害とは関係ないと思われる症状が沢山あります。

これまでとは違う様々な不調が出始めたら、更年期障害である可能性も疑ってみましょう。

まずは、婦人科の専門医に相談すれば更年期障害かどうかの診断ができます。

快適な50代の更年期を過ごすためには?

快適な50代の更年期を過ごすためには?婦人科などの専門医の下では、更年期障害の直接的な治療を行うことが可能です。

一般ではホルモン注射によるホルモン補充療法が多く行われており、低用量ピルや漢方薬などによる治療も可能です。これらの治療は即効性があり、かなりの効果があります。

ですが、軽度の更年期障害の場合は、更年期障害に効果的と言われているサプリメントや健康食品を摂取することでも症状が軽減する場合があります

更年期障害に有用とされているサプリメントは様々な種類があり、医薬品のような即効性は無いかもしれませんが、それぞれの症状にきちんと当てはまった場合はかなりの効果を得ることができます。

加えて普段の生活習慣の見直しや、ストレスの軽減、運動なども合わせて行えば、さらに症状の改善に役立つことがあります。

50代の更年期時代を快適に過ごすためには、これらの改善方法をうまく組み合わせて、上手に自分の体とつき合っていくことが大切だと言えるでしょう。

年代別に見る更年期障害