更年期の健康維持とローヤルゼリー

更年期に内側から身体のケアをする重要性

更年期に内側から身体のケアをする重要性更年期はただでさえ自律神経が乱れやすい時期です。

症状の出方には個人差がありますが、ひどい人では自律神経に由来する慢性的な体調不良、いわゆる更年期障害に悩まされることになります。

更年期障害は肉体的にも精神的にも辛い病気です。それを予防し、また症状を改善していくためには、何よりも内分泌系や自律神経を強くすることが必要です。

内分泌系や自律神経系がスムーズに働くことができるような体内環境を形成することで、性ホルモン減少による悪影響を最低限に抑えることができます。

体内環境を整えるためには、まず内分泌系や自律神経系が必要とする栄養をしっかりととることが大切です。

ビタミンやミネラルといった栄養素は、身体の器官を動かす潤滑油のようなものです。不足すればどうしても働きが悪くなってしまいます。

栄養は口から摂取するものです。日々の食事やサプリメントの力で、少しのことでは揺るがない身体作りを内側から助けてあげましょう。

ローヤルゼリーとは何か

ローヤルゼリーとは何か
更年期に効果のある食べ物やサプリメントにはいろいろなものがあります。そのひとつがローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーは働き蜂が、群れの女王蜂のためだけに作り出した食べ物です。女王蜂は一般の働き蜂にくらべて、体格も大きく著しく長命ですが、実は遺伝子的には働き蜂となんら変わるところがありません。

女王蜂が持つ生命力はひとえに幼虫のころから食べ続けているローヤルゼリーのおかげなのです。

先人たちもローヤルゼリーの持つ力には早い段階で気づいていて、古くから美容目的などの妙薬として愛用してきました。

科学が発達した現代では、ローヤルゼリーには豊富な栄養が含まれていることが分かっています。

コリンや葉酸といったビタミンB群をはじめとするビタミン類、ミネラル類、必須アミノ酸を含むアミノ酸、および特有成分であるデセン酸などです。

これらの栄養成分の相乗効果によって、更年期障害の改善を含め高い健康効果を発揮することが期待できます。

ローヤルゼリーが更年期障害に効果を発揮する仕組み

ローヤルゼリーが更年期障害に効果を発揮する仕組みローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸は、人間の体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと同じように働きます。

そのためエストロゲンの分泌量が少なくなる更年期の女性がローヤルゼリーを飲むと、エストロゲンを補充したのと似たような効果が現れ、ホルモンバランスを整えることができます。

さらにコリンは神経伝達物質アセチルコリンの原料となるビタミンBの一種で、自律神経の安定に寄与します。このように、ローヤルゼリーの持つ成分は更年期障害に対して様々な角度からよい作用をもたらしてくれるものだといえるのです。

年代別に見る更年期障害