更年期にできやすいポリープとは

更年期にかかりやすい病気

更年期にかかりやすい病気女性は30代後半になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減り始め、40代になって更年期を迎える頃になると、更年期ならではの病気が増えてきます。

ポリープもその一つで、子宮内膜や子宮頚管にできやすくなります。ポリープとは粘膜にできるイボで、子宮の内側にできる「子宮内膜ポリープ」、子宮と膣をつなぐ管にできる「子宮頚管ポリープ」があります。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープ子宮内膜ポリープは、子宮の内側を覆っている子宮内膜の増殖が過剰に行われることによってできると考えられています。

不正出血などで気づくこともありますが、自覚症状はほとんどなく、検診を受けた際に初めて気づくというケースが多いようです。

子宮内膜ポリープは癌化することはなく、良性の腫瘍です。ポリープの大きさは、小さいものなら数ミリ~1センチ、大きいものですと10センチを超えるものもあります。

子宮内膜ポリープは、手術で摘出する方法が一般的ですが、開腹するような大きな手術ではなく、内視鏡などで手術しますので、日帰りですむ場合が多いようです。

子宮頚管ポリープ

子宮頚管ポリープ子宮頚管は細い管状で、膣と子宮の内側をつないでいます。

この子宮頚管の内側の粘膜が過剰に増殖してできるのが、子宮頚管ポリープです。

良性の腫瘍で、癌化することはまずありません。ほとんどの場合ポリープの数は1つですが、2つ、3つと複数のポリープができることもあります。

子宮頚管ポリープの形はキノコ状で、膣の方向に垂れ下がってきます。

大きさは、小さいものなら米粒程度ですが、大きいものは1センチを超えるものもあります。子宮頚管ポリープには茎があるため、この茎が大きくなると膣まで出てくることもあります。

子宮頚管ポリープも自覚症状はほとんどなく、がん検診などで見つかることがほとんどです。

手術も子宮内膜ポリープと同じように、簡単な手術で切除することができます。しかし子宮頚管ポリープは、再発しやすい病気です。一度切除しても、またポリープができてしまうということは珍しくありません。

切除した時に、深い根っこが取りきれずに残ってしまうのが原因です。ですから一度切除した後でも、定期的に検診を受けることが大切です。

子宮内膜ポリープも子宮頚管ポリープも、女性ホルモンが減少してホルモンバランスが乱れてくることが大きく影響していると考えられています。更年期のホルモンバランスを整えるために、サプリメントなども積極的に利用して、更年期を健やかに過ごしましょう。

年代別に見る更年期障害