更年期障害になりたくない!効果的な予防法とは?

ホルモンバランスの安定化

ホルモンバランスの安定化

更年期障害はホルモンバランスを安定させることで予防できます。

重要なのはホルモンバランスを意識した食事を行うことです。ホルモンバランスが崩れていると自律神経が弱り、更年期障害になりやすくなります。

その他にもホルモンの減少による悪影響は多数あります。骨の強度が弱まり、血管や筋肉が老化するスピードも速まります。

脂分の多いメニューを好んで食べたり、甘いデザートを食べ過ぎたりしていないでしょうか。

日常的に偏った食事ばかりしていると、ホルモンバランスは崩れてしまうので気を付けましょう。

また睡眠不足もホルモンバランスが崩れる原因になるので注意が必要です。

ホルモンが最も多く分泌されるのは睡眠中だからです。更年期障害の予防のためにもバランスの良い食事と十分な睡眠をとることを心がけるようにしましょう。

運動の習慣付け

運動の習慣付け更年期にさしかかると、体力の衰えが目立ち、疲れやすくなりますよね。

疲れるからといって、体を動かさないようになると、更年期障害になりやすくなるので注意しましょう。積極的に体を動かすことは、更年期障害の予防法の1つなのです。

体を動かすといっても、筋トレなどの負荷の高い運動をする必要はありません。

効果的なのは水泳やウォーキングなどの有酸素運動です。屋外に出るのが難しいときは、ストレッチだけでも構いません。

有酸素運動には自律神経を整え、内臓を強化する効果があります。また心肺機能を高めたり、ストレスを解消したりする効果も期待できます。

大切なのは一度に沢山運動することではなく、習慣として続けていくことです。少なくとも3日に1回は運動するようにしてください。1回あたりの時間は20分を目安とすると良いでしょう。

ビタミンの摂取

ビタミンの摂取ビタミンには更年期障害を予防する効果があります。特に効果が大きいのはビタミンEです。

緑黄色野菜や豆類に豊富に含まれています。ビタミンEは血流の改善を促すなど、更年期障害の諸症状に効果があるのです。

事前に多く摂取しておくことにより、諸症状が発症するのを予防できます。

ビタミンB1には自律神経を強くする効果があります。

レバーなどに多く含まれており、糖質を分解する働きもあります。

ビタミンB2は脂肪分の分解を促進しますし、ビタミンB6は新陳代謝を高めます。また疲労回復を早めたり、イライラを抑えたりするのは、どのビタミンにも共通する効果です。

このようにビタミンは更年期障害の予防に有効ですが、食事で全てを摂取するのは難しいですよね。そういうときはサプリメントを利用すると良いでしょう。

年代別に見る更年期障害