更年期障害による高血圧の原因と対処法

高血圧症とは?

高血圧症とは?

高血圧症とは、ごく簡単に言えば血圧が高くなることです。また、血圧が不安定で変動しやすいという特徴もあります。

一般的には最大血圧が140mmHg以上、最小血圧が90mmHg以上である場合を高血圧と呼びますが、人によって問題となる高血圧のレベルは変わってきます。

イライラや睡眠不足によって高血圧になることがありますが、生活習慣の乱れやストレスなどの原因が思い当たらない場合は、更年期障害の症状の一つとして高血圧になっている可能性があります。

体質として昔から高血圧だった人は、高血圧を予防する生活習慣や対処法を身に着けている場合が多いですが、更年期障害の影響で突然高血圧になった人は注意が必要です。

更年期障害の影響による高血圧の原因とは?

更年期障害の影響による高血圧の原因とは?高血圧の直接的な原因は、血管の動脈硬化などで血管が拡張しにくくなり、血流が妨げられることです。これは、更年期由来の高血圧も同じです。

更年期障害の原因の一つとして、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が挙げられますが、このエストロゲンには血管を拡張する機能があります。

そのため、エストロゲンの減少により、血管の拡張がうまく行われなくなり、高血圧症状を引き起こしてしまうのです

また、エストロゲンの減少はホルモンバランスの崩れの原因にもなります。

ホルモンバランスが崩れることで精神的に不安定になってしまい、その結果、自律神経に影響が出て血圧のコントロールがうまくいかなくなるのも高血圧につながると考えられています。

さらに、更年期障害のその他の症状により、日常生活を過ごす上でストレスを抱えることがあります。このストレスが高血圧の原因になっているケースもあります。

更年期障害による高血圧への対処法

更年期障害による高血圧への対処法更年期障害の影響による高血圧にはどのように対処したらいいのでしょうか?まずは、高血圧を感じたら医療機関に相談するのが一番です。

医師から適切なアドバイスをもらい、それを守っていくことで、重篤な症状へ発展するリスクを抑えることができるでしょう。

自宅でもできる対策としては、血圧の測定です。

朝晩など定期的に血圧測定を行い記録するのです。数値のデータをとることによって、高血圧の症状が進んでいるのかどうかを判断することができます。

また、高血圧を予防するための食事やサプリメントの摂取もおすすめです。

そして、できるだけストレスを溜めない生活をすることが大切です。食事と睡眠をしっかりとり、規則的な生活を続け、適度な運動をするとストレスが溜まりにくくなるでしょう。

年代別に見る更年期障害