東京には更年期外来が沢山あります

更年期外来を受診してみましょう

更年期外来を受診してみましょう何となく体の調子が以前と違う、と年齢と共に感じはじめる人も多いでしょう。

もし、その体調の変化が更年期の症状に似ていると病気ではないものの気になるものです。

特に女性の場合、閉経が必ず訪れるため、この時期に女性ホルモンのバランスが崩れます。

症状が軽くて日常生活に全く問題がない人もいますし、不快な症状を自覚する人もいます。不安な気持ちを相談するだけでも気持ちが楽になります。

更年期障害かもしれないと悩んでいる人は、更年期外来を訪ねてみるとよいのではないでしょうか。更年期外来は、産婦人科医院や総合病院に設置されています。

東京には病院が沢山あります

東京には病院が沢山あります東京には総合病院も多く、そのため更年期外来の数も多い傾向があります。

一度診察してもらいたいと考えている人で、東京近郊に住んでいる場合、自分の症状にあった更年期外来を探すことができる可能性が高いかもしれません。

更年期特有の症状は、人それぞれであり、治療方法もひとつではありません。

人によってはうつのような症状も出ることがあるので、信頼できる先生を探すことも大切です。

さらに、辛い症状を見過ごしていたり、我慢したりしていると、症状が悪化する可能性もあります。辛いと思ったら、早めに受診するようにしましょう。

更年期外来での治療方法は様々です。

ホルモン補充療法は保険適用されるので、一般的に多く用いられる治療方法になります。

ただし、ホルモン補充療法には副作用があります。人によっては漢方薬を服用する治療方法になることもあります。

また、うつに似た症状がある人には、カウンセリングが併用されます。

このように体の不調だけでなく、精神面にも不調が現れることもあるため、人によって適した治療方法を医師が診断してくれるでしょう。

医師に話すことで更年期に対する理解と、不安も解消されるので、受診するだけでも症状の軽減に役立つ可能性があります。

更年期外来を受診する前に

更年期外来を受診する前に更年期障害といわれる年齢になったけれど、まだ症状が出ていないという人は、予防のために自分を労わり、ケアすることも大切です。

例えば食生活を見直してみる、ストレスを1人で溜め込まない、運動をする、女性ホルモンのバランスを整える健康食品やサプリメントを使用するなどです。

これらのうち利用してみて体の調子が良くなった、という自覚があるものは利用し続けるとよいかもしれません。

また、自分の典型的な体の不調の症状を記録しておくと、いざ更年期外来に相談してみようと思った時に役に立ちます。

年代別に見る更年期障害