更年期障害を実感し始める年齢は?

生理が遅れる。もしかしてこれって?

生理が遅れる。もしかしてこれって?

若いころには煩わしく思っていた生理も、ある程度の年齢にさしかかってくると、いつか来なくなるのではと不安になってしまうことがあります。

昔であれば、ちょっと生理が遅れたならば、『妊娠したのかも?』と心配になるところですが、熟年世代であれば『もしかして閉経?』という違う不安が頭をよぎります。

のぼせたり立ちくらみしたり、よくある体の不調も、更年期の症状の一つかと気になりがちになります。最近は『早期閉経』なんて言葉も耳にすることもあり、ちょっとした体調の変化に敏感になってしまうのも無理はありません。

人間も生き物なので、年齢に伴う体の変化は自然なことです。知識がないことで必要以上に恐れてはいませんか?

多くの場合、45歳から55歳が更年期

多くの場合、45歳から55歳が更年期日本産婦人科学会によると、日本人の平均閉経年齢は約50歳です。

個人差によるところが大きく、早い人では40歳代前半から、遅い人でも50歳代後半に閉経を迎えることになります。

閉経前後の5年間を更年期と言い、この10年間に発生する様々な症状の中で病気に由来しないものの、症状が重く日常生活にまで支障をきたすものを更年期障害と呼びます。

日本人女性の場合、40代にさしかかると生理不順を訴える女性が出始め、45歳くらいから閉経する人がちらほらと出てきます。

まれに40歳前の若い女性にも起こることがあり、この場合は早期閉経とされますが、多くの人の更年期はおおよそ45歳から55歳ということになります。この時期は子供の自立、親の介護、自身の老後、仕事をしていれば仕事のことと、考えなくてはならないことが山とあります。

ここに自分の身体の変化が重なり、より大きなストレスを抱えてしまいがちです。閉経が近づくと卵巣の働きが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減ってしまいます。

その変化が身体にさまざまな不快な影響を及ぼします。これは個人差があり、症状が軽い人も重い人もいます。ストレスなどの周辺の環境によって、感じ方が変わることもあります。

更年期障害は自然なこと

更年期障害は自然なこと更年期障害の症状が、単独ではなく複数にわたる場合や、特定の症状がきつく出ている場合などは、我慢しないで産婦人科を受診しましょう。

更年期障害は、加齢による自然な現象なので、対処療法が基本です。ストレスをなくしたり、サプリで体質を整えたりと、できることからセルフケアしてあげましょう。

いずれにせよ、40歳を過ぎたならば女性のからだのリズムについて基本的な知識を備えておいて損はありません。いつか来るその日が来ても、慌てずに対応できるはずです。

年代別に見る更年期障害