更年期症状女性がつらく感じることは、何でしょうか

身体的なものから精神的なものまで

身体的なものから精神的なものまで

身体的なものから精神的なものまで、更年期症状女性に起こるものは多岐にわたります。

わずらわしさを感じながらも、なんとかやり過ごせるのが『更年期症状』です。

日常生活に支障をきたし、専門医にかかる必要があるものは『更年期障害』とされます。

ここでは、代表的な『更年期症状』についてお知らせします。

更年期によく起こる症状

更年期によく起こる症状

『ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)』
何の前触れもなく、顔や体が熱くなりほてりをおぼえる症状です。

ホルモンバランスの乱れで自立神経がうまく働かなくなり、血管の収縮拡張が適切に機能しなくなるために起こります。不規則な生活や、疲労、ストレスにより症状が出やすくなります。

外出先で困ったら、応急処置として首の後ろやわきの下を冷やすと治りやすいです。衣服をゆるめ、風通しをよくしましょう。

『発汗』
ホットフラッシュのときに、同時に汗が流れ落ちて止まらないという人も珍しくありません。ホットフラッシュはないのに、汗だけが出る場合もあります。気温や運動の有無に関係なく流れる汗は、自律神経の異常が原因です。ストレス解消のためにも、適度に運動し自然な汗を流しましょう。
『冷え』
冬でもないのに手や足がひんやりと冷たい、顔はのぼせてほてっているのに腰が冷える、といった症状も、自律神経の乱れやホルモン分泌量の変化が引き起こしています。
厚着やカイロに頼るより、ウォーキングやストレッチなどの運動が効果的です。足先の冷えは、足指回しで血行をよくしてあげましょう。寝る前にゆっくりとお風呂につかるのも効果的です。冷たい飲み物や食べ物は、あまりとらない方がいいでしょう。
『不眠』
布団に入ってもなかなか寝付けない、何度も目が覚めてしまう、夜が明ける前に目が覚めてしまうなど、眠りに関する悩みも増えてきます。
夜のホットフラッシュや冷えで寝付けない、頻尿のせいでトイレに起きてしまうなど、更年期の他の症状が影響していることもあります。
就寝前の入浴や軽い体操などを心がけるとよいでしょう。全く改善しない場合は、うつ病や神経症が原因かもしれません。心療内科や精神科で相談してみることをおすすめします。
『動機、息切れ』
激しい運動をしたわけでもないのに、息が上がって胸の鼓動が激しくなってしまうのも症状のひとつです。
たいていは数分で治りますが、貧血や肥満気味、また不安感の強い人に起こりやすいようです。外出するなど、気分転換をしてみましょう。
『頭痛、めまい』
頭が痛くなったり、立ちくらみやめまいがしたりということが続くと心配になります。特に原因が見つからない場合は、ストレスによるものかもしれません。
横になって安静にすることもよいですが、骨量が減少する時期でもあるため、首や肩の骨が弱くなり頭痛につながることもあります。適度な運動と栄養を意識して、骨量の低下も防ぎましょう。目の疲労も頭痛を引き起こします。

上手に更年期とつきあいましょう

上手に更年期とつきあいましょうすべての女性に更年期はやってきますが、全員が更年期障害に陥るわけではありません。

病的なものが隠れていなければ、命にかかわるものではないので、必要以上に深刻にならないようにしましょう。

日常生活の中でできる運動や、気分転換の趣味、健康増進のためのサプリメントなどで、上手に更年期とつきあっていきましょう。

年代別に見る更年期障害