更年期障害による不快な症状とは

更年期障害による不快な症状とその原因

更年期障害による不快な症状とその原因

更年期障害ではさまざまな不快な症状が出ます。私たちの身体の働きをコントロールしているのは、意識的に動かすことのできない自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。身体が緊張・興奮したときには交感神経が働き、逆に休息時には副交感神経が強く働きます。

この二つの自律神経が状況に合わせて適時切り替わることで、神経や内分泌系、精神などのシステムが安定しているのです。

この自律神経は性ホルモンと深い関係があります。閉経やストレスなどによってホルモンバランスが崩れると自律神経の働きが乱れ、自律神経失調症のような症状が出てしまうのです。

肉体的な症状

肉体的な症状自律神経は神経や内分泌系などの調整を行なっています。

そのため、更年期障害では頭痛やめまい、吐き気などの症状が起こります。頭痛は脳への血流が不安定になってしまうことが原因で、のぼせやほてり、吐き気といったほかの症状を伴うことが一般的です。まためまいも訴える人が多い症状のひとつです。

さらにホットフラッシュといわれるのぼせやほてりで、暑くもないのに顔が赤くなったり、汗をかいたりするような症状も頻繁に見られます。また脈拍などの調整に支障が出て、動悸や息切れを起こすこともあります。

更年期障害の場合、こうした症状を不審に思い、内科の病院で検査を行なっても身体の方には異常がないと判断されることが一般的です。

検査を受けてみて異常がない場合には、更年期障害による自律神経失調の可能性も疑うべきなのです。

精神的な症状

精神的な症状交感神経が優位になりすぎたり、また逆に副交感神経が優位になりすぎたりすることで、精神のバランスが安定しづらくなります。

そのため更年期障害においては、肉体だけでなく精神的に辛い症状も発生します。どの症状が出るかは人によって異なります。

代表的なもののひとつは不眠です。

不眠はほうっておくと肉体疲労をもたらし、精神やホルモンバランスにさらなる悪影響をもたらします。また日中に、理由もなく落ち込んだり、ささいなことを気に病んだりするなどうつ状態に似た症状が出ることもあります。

人によってはうつ症状の代わりに、いらいらして怒りっぽくなり、攻撃的になってしまうこともあります。こうした場合、精神安定剤や睡眠薬を対処療法的に用いるだけでなく、同時にサプリメントやホルモン療法などで自律神経の働きそのものの安定を図る必要があります。

年代別に見る更年期障害