更年期障害と漢方薬治療

更年期障害と漢方薬治療

更年期障害と漢方薬治療

更年期障害は、漢方医学の世界では「血の道症」と呼ばれています。この「血の道症」の治療の分野において漢方薬は伝統的に大きな成果をあげてきました。

西洋医学では更年期障害は女性ホルモンの変化や減少にともなうものとされ、ホルモン補充療法などを行ないます。しかし漢方医学においては、更年期障害は身体をめぐっている「気」と「血」の失調ととらえます。

「気」は人間が持つ生命エネルギー、「血」はいわゆる血液のことです。「気」は血をめぐらせて、内臓を正常に動かす作用があります。

また「血」は全身に栄養を運ぶもので、精神を安定させる作用などを持ちます。この「気」と「血」を補い、また滞っている流れを改善することで、更年期障害に伴うさまざまな不調を根本から改善していくのです。

サプリメントとこうした治療を併用することでさらに治療効果をあげることが期待できます。

治療に用いる漢方薬の種類

治療に用いる漢方薬の種類漢方薬の治療においては、更年期障害という病名をとらえるのではなく、個々の不調の原因を分析し、そこに個人の体質を考慮することで治療戦略を立てていきます。

たとえば更年期障害に用いる漢方薬で最初に検討されるのは加味逍遥散ですが、それが常にベストな選択とは限らないのです。

気分の落ち込みなど気鬱の症状が見られ、さらに個人の体質によって、冷え性なら桂枝加竜骨牡蛎湯など、暑がりなら柴胡加竜骨牡蛎湯などが適用されます。

また、めまいや貧血など血の不足からくる症状がある場合には、血を補う当帰芍薬散や四物湯の出番です。このように同じ更年期障害の治療といっても、個人の体質に合わせて治療薬には無数のバリエーションがありえます。

漢方薬の入手方法

漢方薬の入手方法漢方薬を手に入れるにはいくつか方法があります。一番簡単なのがドラッグストアなどで市販されている製品を購入することです。

しかし漢方的な体質チェックは自己診断ではなかなか難しいものです。敷居が低い代わりに本当に自分に合った薬を選ぶのは困難です。そこで次に検討するべき手段が漢方薬局に行くことです。

漢方薬局のスタッフは一般の薬剤師に比べて、当然漢方薬全般について深い知識を持っていますので、安心して相談ができます。さらに医師の診察を受けるのもおすすめです。

保険適用の漢方薬もありますので、市販の漢方薬を使うよりも薬代が安くて済みます。しかし漢方薬を用いる医師の中には西洋医学が専門で、東洋医学的な診断ができない方もいます。そのため治療を検討する際には東洋医学学会の専門医を探すのが無難です。

年代別に見る更年期障害