更年期障害とは?正しく知って正しく対応しよう

更年期は誰にでも訪れる体の変化

更年期は誰にでも訪れる体の変化

最近体調が悪い、イライラする、汗が大量に出るなどの症状に悩まされている人は、もしかしたら更年期に差し掛かったのかもしれません。

女性の場合の更年期とは、卵巣の機能が衰えることによって引き起こされる女性ホルモンの低下により、ホルモンバランスが崩れる時期の事を言います。

10代の子供が思春期を迎えるように、ある程度年をとれば程度の差はあれ、男性にも女性にも、更年期は誰にでも訪れます。

そのため、第二の思春期という意味合いを込めて「思秋期」と呼ばれる事もあります。おおよそ40代後半から50代前半にかけて更年期に突入する人が多いですが、それよりも早い場合や遅い場合があり、思春期よりも年齢にばらつきがあります。

生活にもたらす影響を知ろう

生活にもたらす影響を知ろう更年期障害とは更年期に発症する諸症状の事を表しています。

多汗や動悸息切れ、疲労感などを伴うため、仕事や家事に集中できなかったり、体調を崩して寝込んでしまったりと、生活に影響をもたらすケースも多いです。

また、便秘や下痢、微熱など病気のサインに似たものもあるので病気と勘違いしてしまう場合もあります。病院に行っても解決しない、または病名がつかなくて不安な時は、更年期障害を疑っても良いでしょう。

更年期障害は病気ではないので確実に治す治療方法はありません。その時期を通り過ぎれば自然と体が慣れてくるので、それまで我慢強く待つ事が最大の治療法と言えるでしょう。

更年期障害に対処法はあるの?原因がわかれば対応は難しくない

更年期障害に対処法はあるの?原因がわかれば対応は難しくない更年期障害はホルモンバランスが崩れる事によって引き起こされるので、生活を改善し、ホルモンバランスを崩す余計な原因を作らなければ症状を緩和させるのは可能です。

その中でもホルモンバランスを整える作用のある食物の摂取を心がけるのはひとつの良い方法です。

イソフラボンを多く含んでいる大豆、魚や肉に多く含まれるビタミンBやビタミンEは、女性ホルモンを整える効果を持っています。

1日の内でバランスよく摂取するよう心がけると良いでしょう。更年期障害のひとつであるイライラ感は、日常生活でストレスを溜め込まない事で緩和できます。

友達との外出や、ウォーキングなどの有酸素運動をするなど、自分なりのストレス発散方法を見つけてください。また、睡眠もホルモンバランスを整えるのに効果的な方法です。寝不足や不規則な睡眠時間を避けて、自分の体をいたわってあげましょう。

年代別に見る更年期障害