更年期障害を認めない女性が増加中。更年期と向き合うには

更年期を認めたくない

更年期を認めたくない

更年期は女性なら誰でもやってくる閉経前後の10年間程度の期間です。

更年期障害は人それぞれで、代表的な症状には、ホットフラッシュ、多汗、肩こり、冷え、動悸、記憶力の衰え、イライラ、落ち込みなどがあります。症状の重さも気づかない程度の軽い人から、生活に影響を及ぼしてしまう程に重くなってしまう人がいます。

更年期を認めない女性に多いストレス

更年期を認めない女性に多いストレス更年期の症状が出始めているにも関わらず、更年期障害と認めない女性が増えています。

更年期の症状は一見して疲れによる体調不良などと混同しがちです。

更年期を認めたくない気持ちから、「ただ疲れているだけ」と症状を放置してしまう人が多いのです。ですが更年期の症状は1日で終わる事はありませんし、年齢とともに症状が増えていく事もありますから早めの対応が大切になります。

症状によっては投薬や簡単な注射、サプリメントなどで改善できる場合が多くあります。

また、更年期は閉経と大きく関わりがあり、性格にもよりますが非常にプライベートな問題となる事から人に相談しにくい事も原因の一つです。

周囲に相談しにくい場合はインターネットや書籍などでセルフチェックをしてみる事から始めてみましょう。

最近ではカウンセリングを大切にしている更年期外来を設置している病院も多くありますので、セルフチェックで当てはまる項目が多くあったらまずは治療というよりも相談をしに行くつもりで婦人科を受診しましょう。

更年期と向き合っていくには

更年期と向き合っていくには更年期障害の症状が出始めると、外出が億劫になり家にこもりがちになってしまう人も多いでしょう。

症状が重い場合、体調や心理的な不安から家族にも負担がかかってしまう場合があります。

症状が出始めたら更年期である事を認め、きちんと向き合っていく事が大切です。更年期障害は自分一人だけの問題ではないのです。

また、更年期というだけで病人のように思ってしまう人も多いのですが、英語では「The change of life」という前向きな表現もあります。更年期は女性の体に訪れるサイクルの一つであり、それ自体が悪いものではないという事を理解しておきましょう。

更年期障害の症状改善にはサプリメントが最も手軽です。効果がてきめんに出る人とそうでない人で差はありますが、症状や体質に合ったサプリメントが見つかれば安心できますね。

サプリメントでは食事で摂りにくい栄養素、例えばプロポリスやプラセンタなども摂取する事ができますし、更年期の症状の一つである味覚障害がある時にも飲みやすいですね。

年代別に見る更年期障害