更年期の症状改善にツボケアがおすすめ

更年期障害とツボ

更年期障害とツボ更年期障害の改善においては、ホルモン治療やサプリメントなどのほか、東洋医学的なアプローチが有効なことがあります。

漢方薬を飲むのもよいですが、より手軽に実践できる方法としておすすめなのがツボ押しです。

ツボは身体の表面に存在していますが、実は身体の奥にある臓器や組織と対応しています。

そのため悩んでいる症状に対応するツボを刺激することで、身体の不調を癒すことができるのです。

家庭でツボを刺激する方法としては、指で押す指圧のほか、ドライヤーで熱風を当てるなど様々なやり方があります。

更年期障害に効くツボ

更年期障害に効くツボ更年期障害は東洋医学の世界では「血の道」の病と言い表され、身体の中をめぐっている血と気に失調が起こっているのが原因だと考えられています。

これらの流れを整えるツボを刺激することで、症状の改善につなげることができます。

ここでは代表的なものを2つ紹介します。

1つ目は、三陰交といい、血のめぐりを改善するだけでなくさまざまな症状に効くため万能ツボと呼ばれるツボです。

三陰交は足の内くるぶしの指幅4本分上にあるスネの骨のふちにあります。このツボは更年期障害や生理不順など婦人科一般の症状に有効です。

むくみや冷えなど女性が悩みがちな症状にも効きますので、女性には特に日頃からケアしておいてほしいツボのひとつです。

2つ目のツボは太衝です。更年期障害ではイライラなどの精神症状が現れることがあります。

こうした気のめぐりの失調に原因がある症状を改善するのに役に立つのが足の甲にある太衝です。

太衝は親指と人差し指の間を甲にそって指でなぞったとき、指が自然と止まるところにあります。

圧痛点を強めに指圧してケアします。また精神症状だけでなく、更年期障害でしばしば見られるホットフラッシュも東洋医学的には気のめぐりが滞って起きるものです。このツボはそうした症状にも対応できます。

ツボを上手に刺激するには

ツボを上手に刺激するには一見探すのが難しそうなツボですが、ツボには押してみると、凹んだり圧痛があったり、ほかの場所では見られないような反応がみられます。

ツボの場所には人によって個人差がありますので、目安となる位置の知識を覚えたら、あとは自分の感覚を大切にするのがツボを上手に探し当てるコツです。

さらに刺激を行うときにも、たとえば指圧であればイタ気持ちいいくらいを目指すのがよいです。

ツボは強く刺激すればよいというものではないので、あくまで自分が気持ちいいと感じられる強さや刺激がベストです。

年代別に見る更年期障害