更年期は1人で悩まず信頼できる人に相談や、電話相談などを利用しましょう

更年期の不調は身近な人に知ってもらう

更年期の不調は身近な人に知ってもらう更年期といわれる症状は人によって程度の差はあるものの、殆どの人がある程度の年齢になると自覚できる症状が表れるものです。

そのため、最近体の調子が悪い、気分が晴れない、疲れがとれない、など今までとは違う不快で気になる体の不調が表れたら、まずは身近な人に気軽に相談することがとても重要になります。

職場の先輩や友達、家族でも、相談できる環境はありますか。

1人で悩むより、普段の会話の中で辛い気持ちを話し、更年期の経験者と自分の状況を共有するだけで楽になることもあります。

さらに、こんなサプリメントがお勧め、この病院には更年期外来がある、など役に立つ情報も得ることができるでしょう。

相談することで、周囲からの理解も得られやすいですし、気持ちも落ち着き、サプリメントなど自分の症状にあったものを選びセルフケアができることで症状の改善につながるかもしれません。

公的機関で更年期の悩みの電話相談ができます

公的機関で更年期の悩みの電話相談ができます周りに相談できる人がいない、親しい人に話すのは躊躇するという人もいるかもしれません。

そのような状況の人は第三者に相談をしたほうが気持ち的に落ち着くこともあるでしょう。

更年期障害は身近なものであり、症状に悩む人は多いものです。自治体や社団法人、NPOなどの団体が無料で電話相談を実施しているので利用してみてはいかがでしょうか。

更年期の症状は女性の社会進出が進み、女性を取り巻く環境が変化していることにより、ストレスを抱える人が増えたことも影響を及ぼしていると考えられています。

そのため、公的機関でも電話相談やメール相談などを積極的に実施していますので、このような場所への相談を検討してみることもよいかもしれません。

それでも辛い症状が治らない場合、信頼できる医師をみつけましょう

それでも辛い症状が治らない場合、信頼できる医師をみつけましょうこのように更年期で悩む人には症状を改善するための様々な方法があります。

身近な人や第三者に相談したり、自分の症状にあったサプリメントを利用したりすることで、気持ちが楽になり、更年期を比較的軽い症状で乗り切れる人も少なくないでしょう。

しかし、更年期障害は身近である分、症状も様々であり、ホルモン治療や漢方などの薬を服用しないと治らない重い症状がでることもあります。

また、うつのような症状が出てしまうこともあります。そのため、信頼できる医師に相談することも重要なことです。その場合、更年期専門外来がある病院を受診してみることをおすすめします。

年代別に見る更年期障害