更年期障害で前髪が薄くなるの?

更年期障害で前髪が薄くなる原因

更年期障害で前髪が薄くなる原因

ある日鏡を見ると、前髪が薄くなっている気がする。女性も更年期を迎えると、ホルモンバランスが崩れて薄毛になってくることがあります。男性と違って、女性の薄毛は前髪から頭頂部にかけて進んでいくことが多いようです。

女性の髪に大きく影響しているのが、女性ホルモンのエストロゲンです。

エストロゲンは艶やかでハリのある女性らしい髪を作ってくれるホルモンです。

そのため、卵巣の機能が衰えてきて、エストロゲンの分泌が減ってくると、髪がパサパサしてきたり、細くなったり、色が薄くなったりして、薄毛へとつながっていきます。

出産後に、一時的に髪が抜けやすくなるのも、エストロゲンが減るためです。

特に前髪は、その人の印象を決めてしまう大切な部分です。前髪の薄毛が気になったら、早めに対処しましょう。

食生活を見直して更年期の薄毛対策

食生活を見直して更年期の薄毛対策更年期に前髪が薄くなってくるのには、エストロゲンが大きく関係しています。そのためエストロゲンの減少を食事でできるだけ補うことで、薄毛の予防につながります。

大豆に多く含まれるイソフラボンは、エストロゲンと同じ働きをします。

豆腐や納豆、きな粉などの大豆食品を毎日の食生活に摂り入れることで、エストロゲンの減少を抑えられます。

また、髪はアミノ酸が多数つながったタンパク質でできているので、良質な大豆タンパクを摂り入れることで髪に直接働きかけてくれます。

また、ゴマやアボガド、かぼちゃ、コーン油などには、ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEには血行を促進させる働きがあり、頭皮の血行促進につながるため薄毛を予防します。ビタミンEは、若返りのビタミンとも言われていますので、アンチエイジング効果も期待できるでしょう。

薄毛対策のためには、更年期に必要な成分を凝縮したサプリメントも効果的ですので、試してみてはいかがでしょうか。

シャンプーを見直して更年期の薄毛対策

シャンプーを見直して更年期の薄毛対策間違ったシャンプー選びやシャンプー方法は、抜け毛を増やして薄毛を早めてしまいます。シャンプーを見直して、抜け毛を抑えて、育毛を促しましょう。

髪はアミノ酸でできています。そのため、シャンプーは髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを選びましょう。石油系やアルコール系のシャンプーに比べると洗浄力は落ちますが、頭皮と髪にダメージを与えないので、おすすめです。

シャンプーする前は、ていねいにブラッシングをすることで、ホコリを落として髪の通りを良くしておきましょう。

シャンプーをつける前には、まずシャワーで髪と頭皮を流して、汚れを落とします。シャンプーをつけたら、指の腹を使って、やさしく洗います。髪を洗うというよりは、頭皮を洗うイメージです。

爪を立てたり、力を入れてゴシゴシ洗ったりすると、かえって抜け毛が進んでしまうので注意してください。

年代別に見る更年期障害