更年期になって物忘れが増えた!?原因や対策も紹介

更年期の物忘れとは

更年期の物忘れとは年齢を重ねるにつれ、記憶力の低下を感じる人は多いでしょう。特に更年期にさしかかると、物忘れが激しくなる傾向がみられます。

更年期の物忘れには大きな特徴があります。記憶には長期記憶と短期記憶がありますが、更年期の物忘れは短期記憶の問題であることが多いのです。

例えば、さっきまで操作していたリモコンをどこに置いたのか忘れたり、自分が何をしようとしていのか思い出せなかったりします。

記憶を保持できる期間が非常に短くなり、頻繁に様々なことを忘れるようになってしまうのです。

更年期に物忘れが激しくなると、認知症になったと心配に思う人もいるのではないでしょうか。

記憶力が低下する点は共通ですが、認知症の場合は短期記憶だけでなく長期記憶も低下します。区別が付きにくい場合は、病院で診察してもらった方が良いでしょう。

なぜ物忘れが激しくなるの?

なぜ物忘れが激しくなるの?どうして更年期になると物忘れをしやすくなるのでしょうか。脳の中で記憶を司る神経組織は、加齢とともに衰えていきます。この衰えにより記憶力が低下し、物忘れが激しくなるのです。

さらに物忘れと密接に関係しているものがあります。それはエストロゲンという女性ホルモンです。エストロゲンには脳の神経細胞を守る役割があります。

分泌量が少なくなると、脳の神経細胞の成長に影響が出てしまうのです。これにより記憶力が低下してしまいます。

女性は閉経すると物覚えが悪くなるという話を聞いたことはないでしょうか。それは閉経する頃に、女性ホルモンであるエストロゲンが減ってしまうからです。

また、エストロゲンが減ると血管が収縮しやすくなります。

この現象も記憶力の低下に繋がるといわれています。脳への血流が悪くなるので、脳が疲労しやすくなるのです。その結果、脳の働きが弱まり、物忘れが激しくなります。

物忘れが増えた場合の対策

物忘れが増えた場合の対策アルコールの摂取量は物忘れに影響するといわれています。摂取量が極端に多い場合は、脳細胞の活動が制限され、記憶力が低下してしまうのです。

過度の喫煙も記憶力低下の原因の1つです。更年期になって物忘れが多くなったと感じている人は、アルコールと喫煙を控えるようにしましょう。

物忘れが激しいときに行える対策は他にもあります。最も取り組みやすいのは運動です。体を適度に動かすことによって、脳の血液循環が活発になるからです。

供給される酸素が増えるため、脳の働きが活性化します。また脳のトレーニングも物忘れの予防になります。脳トレクイズやクロスワードパズルを楽しみながら解いてみてはいかがでしょうか。

また、脳の記憶力向上に効果がある栄養素を補給するために、サプリメントを摂取することもオススメです。

年代別に見る更年期障害