妄想とサプリで?更年期症状の予防

更年期障害の原因

更年期障害の原因更年期障害の原因は、大きく2つあります。まず1つ目は、ホルモンバランスの乱れです。

女性の場合、閉経が近づくにつれて卵巣から分泌されるホルモンであるエストロゲンが減少することが大きな原因です。ホルモンは自律神経をコントロールする役割を果たしているため、ホルモンバランスが崩れ、自律神経に不調をきたすと、動悸や体温の異常、頭痛が生じます。

2つ目の原因は、ストレスの蓄積です。

ストレスは副腎を疲れさせます。副腎のまわりにある副腎皮質は、加齢によって減少していくホルモンを作りだしています。

これにより、減少した分のエストロゲンを補い、自律神経のバランスを整えてくれるのです。

しかしストレスをためてしまうと、卵巣のかわりにホルモンを作り出す副腎皮質の機能が落ちてしまい、ストレスを溜めない人に比べ、症状はより重くなってしまうのです。

妄想で更年期症状対策?

妄想で更年期症状対策?ストレスによる副腎の疲労は、更年期に入ってからの問題ではありません。

最近では20代で症状がでてしまう人もおり、今や更年期障害は40〜50代の方だけの問題ではなくなってきているのです。

よって、より若い30代のうちから、ストレスをためない生活をすることが大切になってきます。

しかしながら、ストレスのない生活スタイルに変えるというのはなかなか難しいものです。そこで、手軽に女性ホルモンの分泌を促す“妄想恋愛”が最近注目されてきています。

妄想恋愛とは、文字通り恋愛を妄想することです。

妄想で恋愛をすると、多くの女性ホルモンが分泌されます。それだけではなく、リフレッシュすることができるのでストレス発散にもなり、さらには肌つやが良くなるという効果もあります。

このように、楽しみながら女性ホルモンを増やしつつ、手軽に更年期障害対策をすることができるのです。

妄想が難しい場合にはサプリメントを

妄想が難しい場合にはサプリメントを妄想恋愛が対策になるとはいえ、すぐには想像力が働かないという場合や、想像力がいまいちで楽しめないという場合もあります。そんなときは、サプリメントの利用をおすすめします。

生活習慣の改善や妄想恋愛などで更年期障害を改善させられる人もいますが、症状が進行してくると、それだけでは乗り切れなくなってきます。

サプリメントは、仕事や家庭の事情で病院に行く時間がないという方の症状改善にも非常に役立ちます。その種類は豊富で、プラセンタや大豆イソフラボンといった成分を含むものや、漢方薬などがあります。

それぞれの成分によって働きが違いますので、自分の症状にあったものを選ぶようにすると良いでしょう。

年代別に見る更年期障害