更年期がつらい時、何科の専門医へ行けばいいでしょうか

更年期は産婦人科を受診しましょう

更年期は産婦人科を受診しましょう

人により、症状やつらさがまちまちな更年期症状。

日常生活に支障をきたすほど症状がつらければ、迷わず産婦人科を受診しましょう。

更年期障害は女性に特有な症状であり産婦人科が中心となって診療を行います。

レディースクリニックなどと看板を掲げているところであれば、更年期障害の治療を診療対象としています。

大きな病院では「更年期外来」「健康維持外来」などもあり、専門性の高い治療を施しています

ほかの病気が隠れていないか検査しましょう

ほかの病気が隠れていないか検査しましょう更年期が気になる年代は、脳を筆頭に体の各器官が衰え始めてくる時期でもあります。

更年期特有の自律神経の失調からくる多岐にわたる不定愁訴も、年齢によるホルモン量の変化だけではなく、脳や体の老化が影響しているものかもしれません。

さまざまな症状で体に苦痛をもたらす更年期ですが、つらい症状を我慢する必要はありません。

個人の症状や健康状態に応じて、適切な治療を受けましょう。例えば、激しい動悸が気になる人であれば、先に循環器内科を受診してもいいでしょう。

各科の専門医が精密検査をしたうえで、異常の有無を調べます。これといった原因が見つからなければ、産婦人科を受診してください。

産婦人科では、患者さんが訴えているように本当に更年期障害かどうかを判断するために、血液検査や心電図検査を行います。

更年期の症状を不定愁訴というように、その症状は内科や整形外科などさまざまな分野の病気の症状と似ていることがあります。

そのため、何か深刻な病気が隠れていないかを考慮しなくてはなりません。他の病気でなければ、更年期であることを確定するためのホルモン検査や甲状腺刺激ホルモンを測ったりします。

事前に整理して受診しましょう

事前に整理して受診しましょう初めて産婦人科で専門医にかかるとき、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。

更年期の症状は、ホルモンの変化によるもの、他の病気によるもの、心理的なものなど、さまざまな原因によって引き起こされています。

例えば、うつ傾向や不眠などは、心理的な要因によるところが大きいのです。そのため、日常生活についても訊かれることがありますが、治療のためなので包み隠さずに話しましょう。

また、一般的に婦人科では、月経周期や出産経験の有無、閉経についてなど問診があります。

加えて、どのような症状で、いつから出ているか、常用薬について、既往歴、などを事前に整理していくと落ち着いて受診することができます。

年代別に見る更年期障害