抜け毛は更年期のサイン・適切なケアを行おう

女性ホルモンが髪を育てていた

女性ホルモンが髪を育てていた更年期は、女性にさまざまな不快な症状を引き起こしますが、髪のトラブルもその1つです。髪が細くなってボリュームが減った、抜け毛が増えたという悩みは、更年期によく起きます。

抜け毛などは、女性ホルモンのエストロゲンが減ることが原因で始まります。

髪には成長期・退行期・休止期というサイクルがあり、成長期には伸びて太さを増します。

退行期にはその成長が止まり、休止期には毛根が抜け落ちる準備をして、新しく成長を始めた髪の毛と入れ替わるのです。

エストロゲンは、髪の成長期を続かせるという働きを持っています。

エストロゲンが十分に分泌されていれば、髪は太く、しっかりと伸び続けます。しかし更年期に入りエストロゲンが減ると、成長期を長く保つのが難しくなります。

短期間で退行期や休止期に突入してしまうため、髪の太さは不十分になり、早く抜けるようになるのです。

エストロゲンが減ると男性ホルモンが優位に

エストロゲンが減ると男性ホルモンが優位に女性も、少しですが男性ホルモンを持っています。エストロゲンと同じく卵巣から分泌され、女性ホルモンとともに心身を健やかに維持するために働いています。

エストロゲンより分泌される量はだいぶ少ないのですが、更年期でも減少することはないので、エストロゲンの量が減るときに男性ホルモンが優位に働くことがあります。

それが髪の毛に影響を及ぼし、薄毛の要因の1つになっていることがあるのです。男性と同じような進行の仕方にはなりませんが、後頭部などの薄毛が目立ってくるといった特徴が表れます。

有効成分を補充して届けよう

有効成分を補充して届けよう薄毛の原因がエストロゲンと男性ホルモンのどちらの場合でも、エストロゲンの減少を抑制し補うことが、薄毛やボリュームの悩みを軽くするのに有効なケアとなります。

エストロゲンとよく似た働きをするのは、イソフラボンです。またビタミンEは、エストロゲンの分泌を促進します。これらが豊富に含まれている大豆製品や黄緑色野菜を食卓に積極的に取り入れ、足りない分はサプリメントなどを利用すると、効率良く摂取できるでしょう。

シャンプーをするときに、頭皮をもみほぐして血行を良くするとさらに効果的です。

血の巡りが良くなると、取り入れた有効成分によって得られた効き目が、速やかに頭皮や毛根にたどり着けるからです。更年期は心身にストレスが掛かり、頭皮が固くなりがちのため、それを緩めることは、髪の毛のためだけでなくストレスの緩和にもつながります。

年代別に見る更年期障害