更年期を上手く乗り切るために!お勧めのアロマとは?

女性ホルモンのバランスを整える!クラリセージやゼラニウム、イランイラン

女性ホルモンのバランスを整える!クラリセージやゼラニウム、イランイラン

更年期障害の原因は、女性ホルモンのバランスの乱れにあるため、症状を改善すには乱れたホルモンバランスを整える必要があります。

アロマの中には女性ホルモンの乱れを整えるのに有効なものが幾つもあり、クラリセージやゼラニウム、イランイラン等が代表的です。

クラリセージには「スクラレオール」という、女性ホルモンの「エストロゲン」に良く似た構造の成分が含まれています。

このエストロゲンこそが更年期に減少しバランスの乱れを招くホルモンなのですが、クラリセージを使うことでエストロゲンを補うような形をとることができます。

またゼラニウムやイランイランにもホルモンの分泌を調整しようとする作用があるため、乱れたホルモンバランスを元に戻すために有効です。

更にゼラニウムには気持ちを前向きに明るくしてくれる効果や、イランイランにはリラックスとエネルギーを高める作用もあります。

ただし、クラリセージは流産をもたらす可能性があるため、妊娠中や分娩時の使用は控えましょう。

心を癒してくれるネロリやカモミール!深い眠りにはラベンダーがお勧め

心を癒してくれるネロリやカモミール!深い眠りにはラベンダーがお勧め更年期障害とストレスには大きな関係があると言われています。

更年期障害の原因は女性ホルモンのバランスが崩れることですが、ストレスによって自律神経が乱れるとホルモンバランスにも悪影響を及ぼします。

そのためストレスを溜めないようにすることや、発散することも更年期障害の症状を緩和させるのに有効です。

しかし、ライフスタイルや仕事等で難しい場合にはアロマを使ってストレスを緩和する方法もあります。

疲れを癒してくれるネロリ、落ち込んだ心を慰めてくれるカモミールやレモンバーム、ダマスクローズ、緊張から解き放ってくれるイランイランやサンダルウッド等、心の状態に合わせて使うと効果を発揮してくれるでしょう。

また深い眠りも自律神経を整えるために必要な要素です。ラベンダーやオレンジスイートには深く、快適な眠りへと導いてくれる作用があるため就寝時に枕元で香らせると良いでしょう。

アロマの香りでリラックス!自分に合った使い方で効果を発揮

アロマの香りでリラックス!自分に合った使い方で効果を発揮自分の好きな香りを選ぶことも、アロマを使う上で重要なポイントとなります。

その理由は「香り」と「視床下部」「下垂体」の関係にあります。鼻から入った香りは、脳にある視床下部と下垂体という部分に影響します。

視床下部は自律神経と密接な関係があり、また下垂体は女性ホルモンを分泌させる部分です。

そのため良い香りや自分の好きな香りを嗅ぐことで視床下部と下垂体が良い刺激を受け、自律神経の乱れが整ったり、女性ホルモンの分泌が促進されたりします。

自律神経やホルモンバランスが正常に近づくことで、更年期障害による症状が緩和されるのです

アロマの香りは、幾つかの種類に分別されています。

例えば柑橘系の香りにはオレンジやシトロネラ、樹木系であればティートリーやローズウッド、ハーブ系にはハッカやペパーミント等があります。

また、フローラル系にはカモミールやラベンダー、オリエンタル系ならイランイラン等があります。

使い方も様々で、アロマランプやアロマポットに垂らして香りを楽しむ方法、ハンカチやティッシュなどに含ませてベッドやソファの近くに置く方法等があります。

お風呂に垂らしてアロマバスにしたり、マッサージの時に使ったりするのも良いでしょう。その際は薄めて使う等、容量を守って使うように心掛けましょう。

年代別に見る更年期障害