ピルは更年期の改善に使えるの?

婦人科における更年期治療

婦人科における更年期治療女性の更年期障害の治療は婦人科の専門です。

そこで行っている治療のひとつとして、ホルモン剤を使用したホルモン補充療法があります。

ホルモン補充療法は、更年期に減ってしまったエストロゲンを外から人工的に補うことでホルモンバランスを整えていきます。ホルモン補充療法で使うホルモン剤には、注射剤や内服薬、パッチ薬などがあります。

ホルモン補充療法に使うホルモン剤とピル、その違い

ホルモン補充療法に使うホルモン剤とピル、その違い女性にとって使う機会の多いホルモン剤のひとつにピルがあります。

生理不順の治療や避妊目的などで使うピルは、まさに女性ホルモンの量やバランスをコントロールしてくれるものです。

ピルはエストロゲンとプロゲステロンを含んでおり、確かにホルモン補充療法で使うホルモン剤と似たような構成を持っています。そのため一見、更年期障害の治療にも使えそうに見えます。

しかしピルはホルモン剤の中でも避妊のために開発されたもので、いわば卵巣機能が正常に働いている世代の人向けの薬剤です。

配合されているエストロゲンの量が多いので、ホルモン補充療法で用いると、がんや血栓などエストロゲンの過剰投与によるリスクが高くなってしまいます。

ホルモン補充療法におけるホルモン剤は、減ってしまったエストロゲンを最低限補充するための薬です。

ピルとはまったく使用目的が違うため、ホルモンの配合量に大きな差があります。これらの2つの薬剤は似ているようでまったく違うものなのです。

ですから更年期に差し掛かった女性が、更年期改善目的で勝手にピルを飲み始めてしまうのは危険といえます。更年期障害を疑ったら、まずは医師に相談するところからはじめましょう。

低用量ピルとプレ更年期

低用量ピルとプレ更年期更年期の治療にピルは不適当な薬剤です。しかしプレ更年期といわれる更年期前の不調の改善には、低用量ピルが効果的なこともあります。

更年期が近づくと、エストロゲンの分泌量が少し減ってきます。そこにストレスや疲労といった要因が加わると、更年期障害のような症状が出てしまうことがあるのです。

こうしたケースにおいては、ピルによって女性ホルモンのバランスを整えてやることで体調が上向きます。ただしその場合でもくれぐれも自己判断は禁物です。

プレ更年期ではなく閉経そのものが近かったということもありえるからです。誤ったホルモン剤の使用は身体に大きなダメージを及ぼしかねません。まずは婦人科を受診し、ホルモン値の検査などを受けておいたほうが安全です。

年代別に見る更年期障害