ポーラが開発した更年期の薬

更年期障害の原因

更年期障害の原因閉経を迎えるのは平均で50歳であり、その少し前くらいから女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少してきます。

この女性ホルモン減少の影響に伴ってさまざまな症状が見られるようになります。女性は一生を通じて女性ホルモンによる影響を強く受けており、ホルモンバランスの乱れが体の不調を引き起こしやすいのです。

それはエストロゲンが排卵や生理に関連する機能だけでなく、体を調整する働きも持ち合わせているからです。

ホルモンの分泌をコントロールする自律神経にも影響を及ぼしているため、エストロゲンの減少により自律神経の働きが乱れます。

その影響でほてりやのぼせ、動悸や冷えといった症状が出てきてしまうのです。自律神経の働きが乱れると、精神的にも不安定になりやすくまたちょうど更年期を迎える時期に夫の退職や子供の進学といった心配ごとが増えるため、余計にそれが更年期症状の悪化に拍車をかけるのです。

更年期障害の治療

更年期障害の治療更年期の症状がつらく感じられたら早めに医師の治療を受けるようにしましょう

。閉経は女性なら誰にでも起こり得ることだから仕方がないと我慢していると、どんどん症状が悪化することになります。

病院ではその症状に合わせてホルモン補充療法や漢方での治療が受けられます。

減少している女性ホルモンを補充することによって、更年期の症状が緩和されるのです。

また更年期だと思っていたら他の疾病が隠れていることもあります。病気を早期発見できれば、治療による負担も少なくて済みます。少しでも体調が悪いな、心配だと感じた時は病院を受診しておくと安心です。

また、病院にかかる前にできることとして、更年期の方向けのサプリメントを利用する方法もあります。

ポーラの更年期治療薬

ポーラの更年期治療薬ポーラといえば化粧品メーカーとして有名ですが、子会社に医薬品メーカーを持っています。

その名もポーラファルマというのですが、そこが新たに更年期障害の治療薬を開発してその製造販売の認可を受けました。

更年期障害の治療法としては、飲み薬や注射によるホルモン補充療法が一般的です。

しかし、ポーラファルマが開発した薬が今までの更年期障害治療薬と異なるのは、初めての塗るタイプの更年期障害治療薬という点です。

しかも使用も一日に一回で済みます。この薬は女性ホルモンの一種であるエストラジオールが主成分になっていて、薬を太ももか下腹部に塗ることで主に更年期障害で起こりやすいのぼせや発汗の症状を抑えてくれます。

のぼせや発汗の症状はエストラジオールの減少が原因ですので、それを外から補うことで症状の緩和が期待できます。

年代別に見る更年期障害