更年期と逆流性食道炎とは関係している?!つらい症状に対処するには

更年期と逆流性食道炎とのつながり

更年期と逆流性食道炎とのつながり更年期にはさまざまな身体的・精神的不調がみられますよね。

なかには、強い胸やけが続いて、しんどさのあまり日常生活に支障をきたしてしまう方もいるのではないでしょうか。

強い胸やけは、もしかすると逆流性食道炎のサインかもしれません。逆流性食道炎は、胃から食道へ胃酸が逆流してしまう病気です。またこの病気は、強いストレスが原因の一つです。

更年期を迎えて、さまざまな不調を経験することでストレスにさらされ、このストレスが逆流性食道炎などのさらなる病気を招いてしまうこともあるのです。

逆流性食道炎の対策法

逆流性食道炎の対策法強い胸やけは、食欲を奪い、体力もやる気も減退させてしまうつらい症状です。

どうすれば、逆流性食道炎のつらい症状に対処することができるのでしょうか。

大切なポイントは、ストレスをため込まないことです。

強いストレスは、食道粘膜の胃酸に対する感受性を高めてしまうといわれています。ですから、ストレスをため込んでしまうと逆流性食道炎の症状を強めてしまうのです。

では、ストレスをためないようにするには、何を心掛ければよいのでしょうか。ここでは、2つのポイントを取り上げます。

ポイント1−睡眠の質を向上させる

体に疲れがたまると、おのずとストレスにつながりますから、良い睡眠で体の疲れをしっかりと取りましょう。

睡眠の質を向上させるために、夕飯は早めに済ませる、寝る前にスマートフォンなどの人工的な光を見すぎないようにする、すぐ寝付けなくても焦らず目を閉じて体を休める、などが大切になります。

ぜひ、今晩から取り入れてみてくださいね。

ポイント2−適度な運動でストレス解消

散歩やラジオ体操などの適度な運動は、体の血行をよくし、気分転換にぴったりです。

また、適度な運動によって消化管の蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、胃酸が順方向へ流れていくようにする効果も期待できます。

ここで気を付けたいのが、運動といっても激しい運動にならないようにすることです。激しい運動は体に負荷をかけ、ストレスにつながりますので、注意してくださいね。

症状が続くようなら、抱え込まずに病院へ!

症状が続くようなら、抱え込まずに病院へ!睡眠や適度な運動でストレスを緩和させることができても、逆流性食道炎が疑われる場合は、あまり無理をせず病院で診てもらうことも大切です。

病院で薬を処方してもらい、症状の説明を受けるだけで、不安は減少し、ストレス軽減につながります。つらい症状が続くときには、早めに病院へ行って、しっかりと対処してくださいね。

更年期障害にはエクオール

更年期障害は、主に女性ホルモンの減少から起きています。

エクオールのサプリは、女性ホルモンに似た働きをする為、摂取することによりつらい症状を緩和することが可能です。

開発には吉形医師が携わっており、人体への影響も安全です。

病院行く時間が余りないという方は、一度エクオールのサプリを試してみてください。

年代別に見る更年期障害