更年期障害の初期症状とその対策

もしかして更年期障害の初期症状?そう思ったら

もしかして更年期障害の初期症状?そう思ったら

一般的に更年期障害は、40代後半から50代で始まりますが、早い人では40代前半から始まります。

「もしかして更年期障害の初期症状?」、そう思ったら次のような症状がないかチェックしてみてください。

月経の周期が乱れ始める

定期的だった月経周期が短くなったり、長くなったりします。時には不正出血が見られることもあります。

顔がほてったり、のぼせたりする

更年期障害の症状に自立神経失調症があります。自律神経のバランスがくずれると、のぼせたり、ほてったり、急に汗が出てきたりと、いわゆるホットフラッシュと呼ばれる症状が出てきます。

イライラする、物事に集中できない

更年期障害は、精神面にも大きく影響します。なぜかイライラしたり、寝付けなくなったり、仕事や家事に集中できない、理由もないのに気分が落ち込んだりする、というようなことがあります。

更年期障害の原因は?

更年期障害の原因は?更年期障害の大きな原因は、閉経に向かってホルモンバランスがくずれてくることにあります。

40代になると、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌がだんだんと減ってきます。エストロゲンの減少がホルモンバランスのくずれを招き、体に変調をきたして、自律神経も乱れてしまうのです。

また最近では、若い女性でもストレスや食生活の乱れが原因で、ホルモンバランスがくずれやすくなっています。

エストロゲンは、ふくよかで柔らかい女性らしい体、艶やかな黒髪、みずみずしいお肌を作ってくれるホルモンです。ですからエストロゲンを補うことは、更年期障害の対策だけでなく、アンチエイジングにもつながるのです。

更年期障害の予防・対策におすすめの食品は?

更年期障害の予防・対策におすすめの食品は?エストロゲンの減少を補うことで、ホルモンバランスを整え、更年期障害の症状を軽くすることや、症状があらわれる時期を遅くすることが可能になります。

大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと同じ働きをします。豆腐や豆乳、納豆などの大豆食品を積極的に食事に摂り入れることで、エストロゲンを補うことができるのです。

また、最近注目されているザクロには植物性エストロゲンが豊富に含まれています。特にザクロの実の中の小さな種に含まれているため、種ごと摂るのがポイントです。

赤ちゃんが欲しい方にも人気のザクロですが、ホルモンバランスを整えてくれますので、更年期障害の予防・対策にも効果が期待できます。

最近では、エストロゲンを補うためにイソフラボンなどを配合した更年期対策用のサプリメントもあります。手軽に摂れるサプリメントの活用もおすすめです。

年代別に見る更年期障害