更年期障害かもと思ったら、まずは対策を

乾燥は更年期障害の始まり?

乾燥は更年期障害の始まり?

年齢のためか、空気が乾燥しているからか、原因不明の乾燥やかゆみに悩まされることはありませんか。

年齢と共にこのような症状が酷くなってきたら、もしかすると更年期障害の始まりかもしれません。

このような症状は女性ホルモンの減少が影響していることがあります。

皮膚や目、口が乾燥する、かゆいと感じ始めたら早めの対策が有効です。

更年期障害といわれる年齢になるずっと前から少し気になっている症状が、更年期障害に突入すると悪化する傾向があります。

どのような対策が有効なのでしょうか。

なるべく体に副作用のない方法がいいと考えている人はプラセンタのサプリメントが良いかもしれません。

プラセンタは副作用の心配が殆どありませんし、保湿作用に優れていますので肌の保湿効果により美肌効果も同時に期待できます。

関節が痛い!これも更年期障害?

関節が痛い!これも更年期障害?関節痛も年のせいだから、仕方ないと思う人も少なくないでしょう。

しかし、早めに対策をすることができれば、症状の緩和が期待できるかもしれません。

症状は人により様々なところに現れます。今まで痛くなかった場所が痛むようになってきたら要注意です。

例えば、かかとや足の先が何もしないのに痛むということは、女性ホルモンの減少が原因の可能性があります。

病院に行っても原因が特定できない場合は、更年期によるものかもしれませんので、自分でできる対策をまずはやってみましょう。

女性ホルモンを補充するにはエストロゲンという成分を補うことです。

病院で薬を処方してもらうことも可能ですが、自然成分に拘るのであれば、ミロエステロールという植物由来のサプリメントがよいでしょう。

エストロゲンと同様の働きがありますので、効果が期待できます。

動悸や急な発汗、イライラした気分への対策

動悸や急な発汗、イライラした気分への対策更年期障害の代表的な症状である、動悸や発汗、イライラする気持ちにはどのような対策が有効なのでしょうか。

更年期の時期にさしかかると、今までは生理前に起こるだけだったことが、慢性化してきます。

常にこのような症状が頻繁に出てくるとさすがに日常生活にも支障がでてくるでしょう。

そうなってしまう前に少しずつ対策をしておきたいものです。

薬に頼る前に食事や運動などの生活習慣を見直しが大切です。

運動はヨガなど体に負担がかからないものや、自分が純粋に好きなスポーツに打ち込むのもよいでしょう。

睡眠もとても大切です。入浴時や就寝時などに鎮静効果のあるアロマオイルなどを利用してリラックスするようにするのも有効な対策です。

年代別に見る更年期障害