更年期のワキガの原因とその対策は?

更年期になったら急にワキガに

更年期になったら急にワキガに更年期になったら、急にワキガになった。そんなお話をよく耳にします。

しかしワキガは体質の問題ですので、生まれた時にワキガ体質なのか、そうでないのかは決まっています。

生まれた時に持っているアポクリン腺の数と質で決まってしまうからです。

そして思春期になると、アポクリン腺の分泌機能が高まって、ワキガになるのです。ですから、成人してから急にワキガ体質になるということは、考えられません。

どうしてワキの臭いが気になってくるの

どうしてワキの臭いが気になってくるの30代後半から、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌量は少しずつ減ってきます。

更年期になると、そのホルモンの変化に体がついていけずに、自律神経に変調をきたします。

自律神経は、発汗や心拍・体温の調節などの体の機能を自動的にコントロールしています。そのため、自律神経が乱れると、発汗を上手にコントロールできなくなってしまうのです。

暑くもないのに汗が吹き出てきたり、寝汗でパジャマがぐっしょりしたりしてしまうこともあります。

ワキの臭いは、アポクリン腺の汗だけでなく、普通のエクリン腺の汗が多くなった時にも強くなります。ワキ汗の量が多くなったために、ワキの臭いが強くなったのです。

また、本人が自覚しているほどはワキの臭いが強くない場合もあります。実はそれほど臭っていないのに、更年期の影響で嗅覚が変わって、臭いに敏感になっている可能性もあります

更年期のワキ汗対策

更年期のワキ汗対策・ワキ汗を気にしない

ワキ汗には精神的な影響もあり、ストレスも大きく関係します。

特に人前でワキ汗を気にすると、かえってワキ汗の量が増えてしまい、汗ジミになって目立ってしまうこともあります。他の人は、あなたが思うほど気にしていません。リラックスした方がワキ汗も抑えられます。

ワキ汗パッドを利用する

効果的なワキ汗対策として、ワキ汗パッドがあります。最近では消臭効果の高いものや長時間使えるものもありますので、人前に出るときなども安心です。

制汗剤で汗と臭いを抑える

ワキ汗対策として、制汗剤を使うのも良い方法です。制汗力が強く、消臭効果の高いクリームタイプがおすすめですが、服にクリームがつかないように注意してください。

体の内側からワキ汗対策

ワキの汗や臭いなどの原因は、エストロゲンの分泌量が減少したことによるホルモンバランスの乱れです。最近では、ホルモンバランスの乱れを整えて、更年期の症状を抑えるためのサプリメントが人気です。

サプリメントで更年期に必要な成分を摂ることで、体の内側からワキ汗対策できるので、おすすめです。

年代別に見る更年期障害