横浜の病院で更年期治療を受ける

更年期で病院を受診するタイミング

更年期で病院を受診するタイミング更年期障害が疑われ、その症状が酷くて日常生活に支障をきたすことがあります。

更年期障害は誰もが通る道だから、時間が経てば症状がよくなるはずだとそのまま我慢して過ごす方が多いのが現状です。しかし日常生活に支障が出るほど症状が酷くなってしまった場合は、我慢せずに病院を受診した方がいいのです。

更年期障害を放っておくと、どんどん症状が悪化する危険性を伴います。

症状が悪化すればますます辛くなるのは自分自身です。通常更年期障害とは閉経を迎える50歳前後に出やすい症状なのですが、30代後半から若年性の更年期障害に見舞われるケースもあります。

妊娠していないのに生理が来ないで長い期間放置しておくと体が閉経とみなしてしまって、更年期障害の症状が出てきてしまうのです。その場合も早めに病院を受診するようにしましょう。

更年期外来とは

更年期外来とは更年期の症状を改善したいときは、更年期外来を受診しましょう。

更年期外来では更年期で起こる不調に合った治療法を施して、症状の緩和を試みる治療が受けられます。

更年期外来を受診してまず行われるのが検査と問診になります。問診で現在悩んでいる症状を医師や看護師に伝えて、それが女性ホルモンの減少によって引き起こされているのかどうかを検査にて確認するのです。

検査の結果、更年期障害だと診断された場合は、主にホルモン補充療法による治療が行われます。

注射や飲み薬によって減少してきた女性ホルモンを補うことによって症状の緩和を試みます。

女性ホルモンには主にエストロゲンとプロゲステロンの二種類があります。しかし片方だけを補充してしまうと子宮体がんを起こすリスクが高まるため、両方のホルモンを補充するようにします。

横浜で更年期外来を探す

横浜で更年期外来を探す更年期外来は産婦人科の医師が診てくれます。横浜にも更年期外来を診てくれる病院やクリニックがいくつかありますので、更年期の症状が酷い方は受診してみるといいでしょう。

たとえば横浜市青葉区にあるレディースクリニック市ヶ尾は婦人科、産婦人科全般を診察してくれるクリニックです。

戸塚区にはあおのウィメンズクリニックや神奈川区にも大石レディースクリニックがあります。

婦人科系のトラブル全般を扱うクリニックを知っておくと更年期の症状だけでなく、婦人科系のトラブル全般を診てもらえるので安心です。女医さんを希望するなら港南区にある東條ウィメンズホスピタルもあります。

ここでは漢方外来も行っていますので、漢方治療も受けられます。

年代別に見る更年期障害